GO AHEAD!   Schott!の海日記 in福岡

玄界灘のお魚さんに弄ばれるショットの釣り日記です。

Category: 釣魚料理

Comment (8)  Trackback (0)

ヒラスとカナト

100_0376.jpg

久しぶりの釣魚料理は前回のヒラスカナト
ここでは登場回数の多いお馴染みの魚ではあるけれど、よく考えてみれば
自分で釣って食べるのはずいぶんと久しぶり…
まぁヒラスは特に脂ものってないし、味に飽きているのも事実だけど
こうやってブログにでもアップしないと盛り付けも雑になってしまうので
今回はちゃんとやりましたよ!
やっぱどうせ食べるなら見栄えも良い方が子供達の食い付きが違うからね(笑)

100_0378.jpg

続きましてはこれまた定番のカナトの唐揚げ&肝刺し
これは全然飽きませんよ!
釣れた時は「な~んだカナトか~」などと外道扱いしておりますが、
実は、内心喜んだりしてます♪
右下の肝刺し、何とカナト一匹だけでこれだけの量がとれます!
スゴイでしょ?これからの季節は肝が肥えてきますので味も最高!
もう次回からは鯛やヒラスはリリースで、カナトだけキープにしようかと
思ってるぐらいです、普通逆かな(笑)
あ、肝は釣ってすぐの〆と調理する際にしっかり血抜きするのがポイントですよ!
それとお決まりの…
※フグ科の取り扱いは自己責任で!
カナトフグ=標準和名 シロサバフグ




Comments

おおっ!
久々の魚料理!!
相変わらず見事な盛り付け。
これが自分のバイブルです。
いいサイズのヒラマサじゃないですか!?
こちらも今年はヒラマサの当たり年のようです。
近いうちに狙いに行くので、釣れたら盛り付けをパクらせていただきます。
がきちゃん
どうぞどうぞ、こんなんで良ければいくらでもパクってください(笑)

ヒラス、当たり年なんですか?
こっちは…いや、オレにはあんまり釣れてくれませんが…

めちゃうまそうです^^
特にキモ刺し。。
ジュルリ・・

でも自己責任。。
ゴクリ・・(笑)
TOSHさん
まずこの辺の(近海の)カナトなら当たるこたぁないけど
絶対とは言い切れないので一応ね…(^_^;)
ま、新鮮な肝が食えるのも釣り人の特権ですよ!

おぉ居酒屋みたい♪
包丁よぉ研がなぁこうならんですね!
ふぐに関しては長男坊みたいに誰かに毒見させてから喰うズルイ人もいますが旨いっすよね!
狙うと釣れない不思議な魚です・・・
kazuさん
包丁はいっぺんピシャッと刃ば付けたら何カ月も研がんでんもちますばい!
今度からフグは長男坊に毒見させようかね(*^_^*)
外道ハンター
の高橋です。釣ったものは何でも食べてきましたが、相変わらずカナトだけは食べません。(まだ死にたくない)
100%見間違わない方法があったら教えてください!

たかはし君
う~ん…ないね
この辺で釣れるカナト(シロサバフグ)らしきフグは、ほぼ間違えなくカナトだから大丈夫!
でも、もし類似のクロサバフグやカナフグが釣れたとしても、よっぽど明確な違いがない限り
カナトだと思って食ってしまいそうやもん(^_^;)
魚辞典で確認するか、どーでもいい人に毒見係りを頼むか、事前に救急車を呼んどくか(笑)






プロフィール

ショット

Author:ショット


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2017