GO AHEAD!   Schott!の海日記 in福岡

玄界灘のお魚さんに弄ばれるショットの釣り日記です。

Category: ヒラスズキ

Comment (8)  Trackback (0)

GORE-TEX

「カッパは蒸れるモノ・・・」というそれまでの常識を覆すゴアテックスの存在を知った時、
そのメカニズムに目からウロコ!何てステキ❤と感動し、最初に考えた人は何てスゴイ
んだ!と感心した記憶がある・・・
運動量の多いルアーヒッシングにおいて防水透湿性素材のレインウェアというのは
もはや常識となった・・・

連休の壱岐地方は降水確率80%、波高2,5m・・・
つまりそれはヒラスズキを釣りに行くしかないって事を意味するわけで、
ニューロッドを片手に準備万端整え、いざ!土砂降りの雨の中を颯爽と磯へ繰り出した!
しか~し、
小1時間経った頃にはパンツまでびっちょりで、ガクガクブルブルと震えながらの撤収!
「って何でだよ~っ?」
そう!10年以上着ているオレのカッパはもはや雨を防ぐ能力はないのだった! 
もちろん最近漏れてることを薄々感じてはいたわけで、その度に撥水スプレーなんかで
何とか凌いではみたけれど、もう限界、全身ずぶ濡れでは寒くて釣りにならない!!
いくらゴアテックスでも経年劣化には敵わないということがよく分かった。
結局、翌日も雨のだったので、もう替えのパンツがない僕はヒラスズキは諦めるしか
なかったのでした・・・


そこで・・・

もちろんそれで終わりでは悲しすぎるので、雨が上がった夜に近所の漁港で
急遽ライトゲームに変更することに♪

100_0006_convert_20110322130908.jpg

2度と使わないと決めていたガルプであったがkazuさんから差し出された
瓶詰めガルプに思わず手を伸ばしてしまう(^^;

100_0008_convert_20110322130827.jpg

すると・・・
ホントなら磯で会うつもりだったヒラ君にここ再会!
キレイな魚体❤

100_0011_convert_20110322133757.jpg

↓こんなやつも連続ヒット!

実はエギよりもワームやプラグで釣ることの方が多かったりして(^0^)
活性の高いミズイカの水面ボイルにもミノープラグは効くのだよ!?

100_0525_convert_20110322133851.jpg

さてさてまたしても出費が嵩みそうだ(悲)
カッパは必需品だしなぁ・・・買うしかないのか?
いや、もう1回スプレー&アイロンで再生にチャレンジしてみます!






Comments

カッパねぇ~
実は、自分は最近までまともなカッパ持ってなかったんですよ(^^;
今までは、ウインドブレーカーや防水のポンチョで何とか誤魔化してたんですが・・・
毎年買おう買おうと思いながら、もう一人の自分は「何でカッパごときに高い金出さなあかんねん!?」と反抗していたわけです。
でも、さすがに要るやろということで、先日ダイワさんの安モン買ってしまいました(^^v
さぁ、どっからでもかかってきなさい!!

ある意味、タックルより重要なウエイトを占めるものではあるな
不快感でメンタルにくると集中力は削げ落ちて釣れるもんも釣れんくなるし…
小員のゴアオールウェザースーツも限界を越え、ただの防寒着と化す

最近、漁師さんがガバッと履いてる水色のゴム長みたいなヤツでいいんじゃないかと思ってるところ
それに軍手で…(^^)
がきちゃん
へぇ~、それは意外!
道具には拘りのがきちゃんかと思っていたら、ポンチョって・・・(爆)
やっぱ専用のそれなりのモノは丈夫だし機能的で何より快適です!
でも最近のカッパは安くても通気性のある良質なモノが多いみたい
ですから問題ないでしょう!

ACEさん
そうなんよ!カッパって結構大事よね!
良いモノ買って長く着るか、消耗品と割り切って安いやつにするか?
そこで水色のゴム長!? 確かにあれは最強やね(^^;
血とか汚れを気にせんでいいしね!船ならあれで全然問題ないと思う、
でもさ、あれでヒラは無理くない?(笑)

かなり重要なアイテムよ!

磯歩きは雨天でなくとも波を被ってズブ濡れになる上に、登り降り・ロッククライムで汗だくだから ショアは過酷よね
サーフ絡みではゴアウェーダー、ロック制覇にゴアの磯靴、季節別の上下ゴアスーツ
快適に攻められたが 今思うと、タックルより高額なギアだった
が、メバルの背鰭でピンホールだらけi-201
牡蠣殻群に波で叩きつけられ一瞬でズタズタ
長持ちはせんやったねぇ

あと、船も 膝持ちスタイルで鮪臭いゴアのスーツをクリーニングに出すと、特殊すぎて 通常価格8000円!(オトモダチ価格で処理してくれたが…)

やっぱ あの空色のゴム長っしょ
ACEさん
クリーニング代8,000円って・・・
それこそ安いカッパが買えそうな値段やね(^^;
ってことで次回、ACEの水色ゴム長姿を楽しみにしときますよ^^

そうなんよ…
まぁ 3000円でやってくれたけど 毎回だと申し訳なくてねぇ
素材内部がゴアで塩と汚れとサカナ汁と血がこびりついた表面素材を特殊な溶液に浸して洗浄したりするほぼ手作業だからフツーのところは嫌がって引き受けもせんよ
「だったら空色の…」ってなるのも分かるでしょ
ACEさん
分かる分かる!
サカナ汁臭は強烈やから!
ウチの嫁も嫌がって洗濯してくれんよ(笑)






プロフィール

ショット

Author:ショット


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017