GO AHEAD!   Schott!の海日記 in福岡

玄界灘のお魚さんに弄ばれるショットの釣り日記です。

Category: ヒラスズキ

Comment (8)  Trackback (0)

30年前の天才ルアー少年



100_0429_convert_20110223110028.jpg

小学生の時、釣りキチ三平に刺激された僕は近所の釣り具屋にルアーを買いに行ったが
当時、田舎の〇〇漁具店にはルアーなんてコジャレたもんはなかった。
そこで僕は得意の工作を駆使して木を削り、鉛を埋め込み、プラカラーで色を塗って・・・
ミノープラグのつもりで作ったルアーは我ながら良い出来栄えだったけど、小学生の僕には
リップを付ける事の意味が分からず、今で言うところのシンペン!?が完成した。

早速、あこがれのスズキを狙いに日頃から目を付けていた「㊙ポイント」に繰り出し、
投げては巻いてを繰り返してみた。もちろんどんなアクションをしたのかなんて本物の
ルアーを見たことも使ったこともない当時の僕には分かるはずもないし、しばらくやっても
さっぱり釣れないのですぐに飽きてしまった。
せっかく作った初めてのハンドメイドルアーだったけど、魚を掛けるどころか、その後
二度と出番もないままタックルボックスの中に埋もれていった。
今思えばもしこの時、運良くスズキが釣れていたら、僕は天才ルアー少年か、超人気
ルアービルダーになって間違いなく釣り業界を震撼させていただろうね?

そんな事すらすっぱり忘れ、やがて大人になった僕が、それなりの知識と本物のルアーを
持って当時の「㊙ポイント」を訪れた・・・
大人になったそれなりの知識で考えてみても、やはりそこはスズキが釣れそうだったから・・・


「ほらやっぱり!」

100_0436_convert_20110223110151.jpg

案の定、数投目からの入れ食い!
30年前のルアー少年に教えてあげなれないのが残念だけど・・・

100_0437_convert_20110223110310.jpg





Comments

ええなぁ~
どっかのビルダーのコラムの匂いがしました。
自分は、ガキのときルアーの存在なんか知らずに近所の池でブルーギル釣ってましたね。
いつかどでかい鯉釣ったる!とか思いながら・・・
成長しとらんなぁ

凄いですねッ!
昔は…ミノーはまだ魚の形なんで少しは理解できたがジグなんて鉄の塊で魚が釣れるなんて思ってませんでした^^;
私はチヌ用棒ウキビルダーでした(笑)

うわ~、
当時マグレでも一本出てほしかったですね!
もしバレても、ショット少年は
ガクガクのブルブルでえらいコト
になってたんじゃないですか♪?

それにしてもREDFIN、、今になって
欲しいんですよね^^;
意外と大きいのは売ってないし、
定価でも買いたくないし、、
未だに1個も持ってませんe-263
天才工作少年!
手作りと子作りの天才では・・・(笑)
正直、できばえに震撼しました。

ストリー仕立ての展開に白黒マンが
釣れたのではと、こわごわ画面をスクロール
させましたよ。
魚で、ほっとしました。
がきちゃん
エヘへ(^^;
どこにでもあるような普通の思い出話なんですが
文体を変えるとちょっと雰囲気が変わりますよね(笑)
今でこそ壱岐のどこの釣り具屋にもルアー売ってますが、
当時はブラックバスもいなかったはずですから(壱岐には)
ルアーなんて皆無の時代でした・・
kazuさん
昔は・・・ってそんな歳変わらんめぇもん(笑)
ウキ作りもよくやったねぇ!
小学校で飼ってた孔雀の羽を拾って作ったことがありますよ!
フナ用にね(^^
TOSHさん
バレてもって・・・オレがバラすわけないや~ん↑(ウソ)
でも、マグレでも一本出てほしかった(笑)

REDFIN オーバー過ぎるぐらいのアクションで面白いルアーですよ!
飛行姿勢の安定&ウォブリングを抑えるために3本目にナマリ巻いて
使ってましたなぁ・・・なつ~!(あ、懐かしいってことね)

みっちぇるさん
> 手作りと子作りの天才では・・・

って無理くり下ネタに持っていくのやめてくださいよ!

白黒マンはまた別の機会に登場してもらうかもです(笑)






プロフィール

ショット

Author:ショット


12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017