GO AHEAD!   Schott!の海日記 in福岡

玄界灘のお魚さんに弄ばれるショットの釣り日記です。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 第八ゴスタン丸

Comment (5)  Trackback (0)

ジョイクラフト エアバルブ修理

ちょっと前に10ちゃんとゴムボ行った時のことなんですが、出港前の準備中
にボートのエアバルブが壊れるアクシデントに見舞われてしまいました・・
バルブ真ん中の空気弁を開け閉めするための押し棒がポキっと折れてしまい
弁を閉じることが出来なくなってしまったのです・・
ま、これってゴムボートあるあるな話なんですが自分のボートは5年ぐらい使っ
ても壊れたことがありませんでしたので「オレのは当たり」なんて都合良く解釈
していたわけです…が、「例外はないようです」
それでもオッサン二人で知恵を出し合えばどーにかなるもんで、アロンアルファ
等で応急処置をして膨らまかして何とか出港にはこぎ着けますが、時間は
大幅にロスするし、怖くて沖には行けないし、近場のヒラゴポイントはヤズ畑に
すり替わっとるし…

100_0220.jpg

何よりも、またすぐ壊れるかもしれないとゆー不安を抱えながらの釣りは
気が気じゃなくて(当たり前ですが)早々に沖上がりとなったのです…

100_0218_20160513152016b28.jpg

(10ちゃん先生申し訳ありませんでした、復活したら今度はイカ行きましょうね♪)




とゆーわけで、後日壊れたエアバルブを修理(分解)してみることにしました!

100_0222.jpg

まずは既に取り外した状態ですが、これは専用のバルブレンチがなくても
ラジオペンチを差し込んで回せば問題なく外れました、
しかし、分解してみてると仕組みが(構造が)よく分かるわけで、
真ん中の折れた芯だけを交換したくても、下の弁(皿の部分)から上のボタン
部分まで本来は一体になっており、しかも本体中心の穴とバネにも通した
状態でセットされているので、芯を折らない限りこのように分解することは
出来ません・・

100_0221.jpg

つまり逆に言うと、折れた部分だけの交換は構造上不可能なので、普通は
修理ではなくユニットごと交換するしかないわけです・・
「ジョイクラフトエアバルブ」

ま~そうは言っても、たったこれだけのことで4,000円以上払うのもしゃくだし、
自分で修理しないと気が済まない性質でもありますので一応やってみました・・
因みに、もし同じような経験をされた方がこれを見たとしても、自分で修理する
ことを勧めているわけではありませんからネタとして軽~く読み流して・・・・

「買ってください、それが早いです!」

では進めていきましょう、

まず芯の径は3.5㎜程ですの工具箱に入っていた4㎜のプラスチックネジを
削って代用することにします・・

100_0224_201605131520215ba.jpg

折れた部分両側(上のボタン側と下の弁側)にドリルで穴を開け、

100_0227.jpg

(皿部分まで貫通させると後でまた塞ぐ必要がありますので今回は
上下共に途中までしか穴は開けていません)

削ったプラネジを差し込んで合わせてみます、

100_0228.jpg

港での応急処置は折れた断面部分のみの接着でしたから強度に不安が
ありましたが、こうすれば接着面が多くなりますので強力な接着剤であれば
まず抜けることはないはずです…

そして、空気を入れる時と抜く時に使っている「一度押すと弁が開き、もう一回
押すと弁が塞がる切り替え機能」は、中心部分輪っかの内側の二つのポッチ
(凸部)に

100_0233_2016051315210428a.jpg

芯外側の斜めにカットしてある部分が押し当てられ4分の1回転ずれることで
ストッパーの位置が切り替わる仕組みになっております、(説明がややこしや~)
ですから接着する前に上下の斜めカットの位置を正確に確認しておく必要が
あります。

100_0235_2016051619053033d.jpg

そして最後の接着は先に片方を接着した後に、それを本体の穴とバネを通して
からもう片方と接着しなければなりません・・
バネを押さえながら&位置を合わせながらですからちょっと面倒ですが…

100_0225_20160513152059486.jpg

そうそう、適当なサイズの塩ビパイプがありましたのでついでにバルブレンチも
作っておくことにしました、仕上がりは雑ですが見せるものでもないのでこれぐ
らいで十分でしょ?(1,000円ぐらいは節約出来ますよ)

修理完了、

100_0239_20160513152105e57.jpg

とまぁ修理自体は思ったよりも難しくはありませんでしたが…
部品の構造を文章で説明するって難しすぎやしませんか!?
修理より説明の方が時間もかかりました(汗)
とゆーことで、説明がヘタなのであまり参考にもならなかったと思いますが、
エアバルブの故障はある日突然現場で起こります、
釣行の際は「交換バルブ」も忘れずに用意しておきましょう!(オレもね)

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Category: 渓流

Comment (0)  Trackback (0)

5時半から2時まで 

GW後半のこの日はヤマメシショウの10ちゃん先生と山へ行ってきました…

100_0203_201605091325471e9.jpg

二日前の大雨の影響で、場所によっては水位が普段より~30cmぐらい高く、
濁りも若干残った感じで釣りの条件としては申し分ないのですが・・?

100_0204_20160509132548e00.jpg

いつもなら楽々超えられる小さな滝もご覧のように大量放出しておりまして、
崖を登ったり、道なき道を高巻きしたり、枝にぶら下がったりと かなり笑える
珍道中
なかなかハードな遡行が待ち受けておりました…

100_0200_2016050913254478f.jpg

因みに10先生は普通に写真を撮らせてくれません・・

100_0199_20160509132543b7e.jpg

自分の物と比較されているようですが…(負けてませんか?)

ともあれ、やはり増水&濁りはプラスに働いたようで魚の活性は高くミノー、
スプーン、スピナー、どのルアーでも果敢にアタックしてきます!

100_0201_20160509132546108.jpg

しかも増水した分ポイントも増えるわけで、投げる回数も多くなり進みは遅く、
通常3~4時間の行程をこの日は倍以上の8時間半もかかってしまいました!

100_0209_201605091326099ba.jpg

そら腹も減りますわな(笑)

100_0212.jpg

いや~しかし、こんな小さい魚を釣るためにペットボトルのお茶一本だけで
8時間以上も歩き続けるなんて我ながら「燃費の良いオッサン」と言いますか…
いや、かなりの変態だとゆーことに気付かされたのでした(笑)

100_0215_201605091326125b7.jpg

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村

Category: 第八ゴスタン丸

Comment (4)  Trackback (0)

GWは風に泣く

今年のGW中は風の強い日が多く、結局ゴムボで出れたのは2回だけでした・・
一回目、29日は単独釣行とゆーことで、一人で自由に走り回ってみましたが
この日も風が強くて釣り辛く、おまけにどこへ行っても反応も悪く…
しゃべり相手もいないせいか早々に折れてしまい…
ヒラゴを2本釣ったところで早めの沖上がり…(写真なし)


2回目、5月1日はタクマも乗船、
この日は朝から予想通りの潮が走り、さらに「風と同調」の理想的コンディション
やっぱ条件が揃えば勝負は早いね、一流し目からジグでヒラゴ連発っす!
しかも同じ反応でタイも混じり始め、魚の活性の高さが伺えます!

100_0190_201605061758210bb.jpg

一流し毎にヒラゴか鯛のどちらかが釣れるとゆー至福のひと時を堪能♪

100_0191_20160506175822197.jpg

しかし、流れが速いことと駆け上がりのピンポイントでしか喰ってこないので
一流し中のチャンスタイムが短すぎる…!
そしてその度に潮上へ戻るわけですが、この逆流&逆風を2馬力は遅すぎて
せっかく魚は高活性なのに効率の悪い攻めしか出来ないところが歯痒いくも
ありました…


その後は気分を変えて、そろそろ今年も釣れだすであろうイカを狙うために
場所移動…
しかしやっぱりこの日もこの頃から風ボーボー
こうなるとイカ釣りは断念、再び最初のポイントでジギングとキャスティングの
ヒラス狙いに戻しますが、いよいよ波も高くなり始め…
目の前を海保も行ったり来たりと慌ただしく動きまわり、こちらにも何か言い
たげな雰囲気が漂っておりましたので…いそいそ退散

100_0195_2016050617582408c.jpg

終わってみれば良かったのは朝一の2時間だけとゆー、
なかなか終日大爆釣といきませんなぁ…

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村

プロフィール

ショット

Author:ショット


1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2016
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。