GO AHEAD!   Schott!の海日記 in福岡

玄界灘のお魚さんに弄ばれるショットの釣り日記です。

Category: 渓流

Comment (4)  Trackback (0)

銀毛

100_0575.jpg

時化ばかりなので今週も渓流へ…

100_0574.jpg

今回はTOSHさんも参戦で賑やかな釣行となりました!
前回とは違う川に行ったんやけど、とにかく遠い…
でもこの川は魚も多くて景色も奇麗で最高でした!

100_0577.jpg

ただ残念ながら写真をあまり撮っておらず、唯一のブツ持ちはTOSHさんのこれ1枚!

100_0580.jpg

ぷっ!!(゜o゜)


他にもたくさん釣れたし、良型の奇麗な銀毛ヤマメもゲットしたのに
これまたカメラを車に忘れる大失態!?
ったく、後になって写真がないのが悔やまれます…

とゆーことでホイル焼きになったヤマメの写真で勘弁を(笑)

100_0597_20130424131851.jpg

えっ、終わりかよ!?


Category: 渓流

Comment (6)  Trackback (0)

ヤマメ

これ以上釣りのジャンルを増やしてどうするの?
金も掛かるし時間もない…
だいたい既に年間の「お魚釣りスケジュール」はびっしりと詰まっているのに、
どこに新規参入の余地があるとゆーのだろう?
それでも「三平世代」のオサーンアングラーが、渓流?ヤマメ?イワナ!?
これらのキーワードに反応しないはずがない…(だっぺよ~)
そして極めつけは、先日10ちゃんが釣って来たヤマメの塩焼の味が…

忘れられんとです!

とゆーわけで行くしかないでしょ渓流へ!

100_0546.jpg

まぁ結果から言うと、この日の川はコンディションが悪く、魚影も薄かった
(らしい)が、初めての渓流は見るものすべてが新鮮でおもしろかった♪
淵と言われる川底のくぼみがあんなに深いなんて知らなかったし、
流れを横切る時の水圧があんなに強烈だとも知らなかった…
野生のシカやサルを見るとテンションが上がった!
道路にゴロゴロと転がる落石を見たらテンションが下がった…
昔、セイゴ釣りで使っていたフローティングミノーで代用しようとしたオレは甘かった…

100_0523_20130417193943.jpg

借り物のルアーでやっと深場から魚を引きずり出し、その銀色に輝く魚体を見て
おぉ~、これがサクラか~!! と感激しながら写真を撮っていたら
「そ、それウグイなんすけど…」と10ちゃんが優しく教えてくれた…
ウグイもよく知らないオレは「じゃ、シーバス釣りでヒラメ釣れたみたいな~?」
と聞くと、「シーバスのボラですね」と冷たく言われた…


それでもやっと手にしたヤマメは奇麗で、そして美味そうだった!

100_0541_20130417193942.jpg

もし釣れたら、「みっぴ持ち♥」で記念写真を撮ることは行きの車中から決めていた!

100_0542_20130417193941.jpg

渓流に来たら、ただのデジカメなのに一眼レフっぽい写真を撮りたくなるのは
なぜだろう?

100_0549.jpg

それにしても…まさか渓流釣りにウェーダ―を忘れてくる人がいるとは思わなかった!
おかげで朝の貴重な時間帯に一番近くの釣具屋まで往復2時間ドライブに付き合わさ
れた日にゃ~マジで気を失いそうになった…

そんな10ちゃんがオレよりデカいヤマメを釣った!

100_0540_20130417193941.jpg

買ったばかりのウェーダ―に針で穴を空けようとした自分がいた…
ポチっと…
しかし、状況によってルアーを換えたり誘いを変えたり、引き出しの多さは流石だ!

100_0547_20130417193940.jpg

と、褒めたらアゴが伸びた!

100_0548.jpg

朝暗いうちから夕方暗くなるまでよく遊んだ!
歩き回ってクタクタになったが、車の運転もしてないし、タックルも少ないし、
何よりボートの片付けがないのは非常に楽で良い!

それでこんな美味い魚が食えるなんて最高じゃないかっ♪

100_0555.jpg

ハマることはないと思うけど、たま~~には行っても良いかなと思った
いや実は、既に今週も行く予定を入れている(笑)

10ちゃん、今日は一日ご苦労さんでした、ありがとう!





Category: 釣魚料理

Comment (4)  Trackback (0)

48度洗い

野菜や肉などの食材を50度のお湯で洗う「50度洗い」
野菜はシャキッと鮮度が甦り、肉や魚は臭みが消えて美味くなるとゆーウワサ!?
アサリの砂抜きも50度のお湯に浸けるだけで面倒な砂抜きが短時間で簡単に
出来るとゆーのだからやってみない手はない…
そこで今回10ちゃんにもらった新物のアサリで「50度洗い」実験です!

100_0513.jpg

ちなみに我が家には温度計がないので給湯器の温度設定をピッピッと押して
~45、46、47、48、 60、75度~
「ってうお~い、肝心な50度がないやんか~!」
と、最初からないことぐらい知ってるくせに突っ込んだりもします!てへっ
とゆーことで今回は我が家の給湯器事情により50度に近い「48度設定」で!
ま、60度では煮えてしまいそうだからね(笑)

ボールに48度のお湯を入れながら温度が均等になるように掻き混ぜ…

しばし静観…

100_0514.jpg

すると塩水では簡単に口を割らない頑固者のアサリ君達が!?
ポカ~ンと口を開き始めたではないか!(そんなに苦しいのか?)
しかもまだここまで1分も経っていない…
さらに2~3分待てばほとんどのやつが口を開く…おぉぉ~すばらしい!

そして5分後、取り上げて一旦水で冷まし→フライパンへ投入→からの酒蒸しで♪
何と砂抜きから調理完成までたったの10分早っ!
確かにこれは早くて楽チンです!

ではさっそく頂いてみましょう♪

100_0515.jpg



ジャリッ



え~~~っ!?


ま~どこの世界にも変わり者がいるわけでして…(汗)

たま~にジャリッとしたような気もしますが、こんな短時間で砂抜きが出来るのだから
捕ったその日にすぐ食べたいせっかちなオレにはピッタリの技でした(笑)

10&TOSH君、 次はもっと大きいヤツを ごちそうさんでした!!




Category: 釣具

Comment (10)  Trackback (0)

ゴリ感究明!

今回は友人に頼まれた旧ソルティガ4500のオーバーホール
長年、ご主人様から乱暴な扱いを受けてきたであろう?可哀そうなソルティガ君を
どうにか救ってあげたいとこではあるけれど…

さて手渡されたリールのハンドルを回せばそれはもうゴリ感レベルのお話ではなくて
ガラガラガラガラ…完全な故障の部類に入るほどの重症患者!
早速家に帰って緊急オペが行われることになった…

100_0448.jpg

だいたいゴリ感と言っても、塩ガミやベアリングの錆によるゴリ、ギアの摩耗や
各パーツの不具合で起こるゴリなど原因は様々で、難しいのはその悪い原因を見つけ
る作業…。
一つ一つのパーツをチェックしながら、足したり引いたりいろんなパターンで組み直し、
異音が出る場所の特定をしていく…コレガカナリメンドクサイ!

そしてこんな時にはアクシデントも起こる!

100_0455.jpg

ワンウェイクラッチを分解中に6枚なければいけない板バネが1枚紛失!
気付かないうちに指のささくれで知らない世界へ飛んで行ってしまったようだ(笑)
ったく、自ら仕事を増やしてしまうとはOh~不覚…
こんなちっぽけな板バネ1枚でもないと困るが、以前も書いたように板バネだけでの
注文は無理だしユニットごとの注文となれば費用が3,000円もかかってもしまう…
無視しようかとも思ったが、とりあえず何か代用出来るモノはないかと考えた…!?

DSC_0074.jpg

とゆーことで急遽 家にあるもので代用することにした(爆)

100_0449.jpg

これをさらに細く切って同じ大きさに切って曲げれば!?

100_0496.jpg

一番右がコーラ缶

厚みや弾力性は 若干違う気がするが チョナ君のリールだし、
そんな事は気にせず先を急ごう(笑)
(ちなみにスチール缶は厚さ0,3ミリ、今回代用したコーラはアルミ缶0,1ミリ)

そんなアクシデントを乗り越えさらに調べていくと、ついに悪の中枢を発見!
メインシャフト継ぎ目部分が緩んでガタついているのだ!
この状態でハンドルを巻くとギアに干渉してゴリゴリと異音を発生させていたわけだ!

さらにピニオンギアにも多数の傷が入っているが…?

100_0498.jpg

ん~~、これはおそらく歪んだシャフトのせいでメインギアとピニオンギアが正常な
角度で噛み合わず、ピニオンに傷が入ったのだと思われる…

以上!

は~、今回もかなり苦戦はしたがやっとここまで辿り着いた!
先程も書いたようにリールの修理は原因究明が9割!
あとはパーツを注文し取り替えればこれにて一件落着である!
えっ、コーラは?
人気の旧ソルティガだけに今もユーザーは多く、今後も出来るだけ長くパーツの供給を
続けて欲しいものである…

100_0506.jpg





プロフィール

ショット

Author:ショット


12345678910111213141516171819202122232425262728293004 2013