GO AHEAD!   Schott!の海日記 in福岡

玄界灘のお魚さんに弄ばれるショットの釣り日記です。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 釣魚料理

Comment (6)  Trackback (0)

カキパ~♪

今回のパ~リ~食材「豊前一粒牡蠣」(読めますか?)
大量に仕入れたこの牡蠣を皆で食べながら飲みながら、おおもんたれながら(笑)
釣りに行けないシケの休日を謳歌しようじゃないかとゆー緊急企画!
既に、アップされているTOSHブログからも画像を拝借いたしまして、再度
ここでもアップです(*^_^*)てへぺろ♥


まずは皆、軍手をはめ黙々と牡蠣の殻剥作業きから始める!

100_0148.jpg

「フーミン、ゆっくりでいいんだよ!怪我をしないようにね♥」

「TOSH、つっ立っとらんで何か手伝いなさいっ!」

「kazuさんは軍手を…、あ、必要ないか!」

「チョナ、怪我してもいいけどツマミ食いはするなよ!」

100_0150.jpg

と、何もしない監督が後ろから口出しだけはするわけです(笑)

こうしてあれだけあった大量のカキもあっとゆー間に殻剥き完了!

318062_358200117620313_875581871_n.jpg

美味い酒美味いモノを食べるためには多少の労力は使った方が断然良い!

そして「冬の味覚」をみんなで思う存分食らおうじゃないかっ!!

カンパ~~イ♪

DSC_0361s.jpg

っとここで登場するのが我が家の牡蠣焼き専用マシーン!
ってただのホットプレートですが…

100_0151.jpg

でもこれが屋内でやる時は殻が飛び散ることもないし、一度にたくさん焼けるし、
長年の研究と試行錯誤でやっと辿り着いたスグレモノなのです!


そして一個目!?


んま~~~~♪♪♪最高~っす ☆ ★


美味いモノを食べるとフーミンもこんな顔になってしまいます♪

100_0153_20130130104426.jpg

聞かれもしないのに「オレ、めっちゃ働いたっす!」と言い張るチョナ君も
得意げな表情(爆)

100_0152_20130130104427.jpg

塩胡椒やレモンでシンプルに食って良し、
タバスコやマヨネーズ等、味の変化もおもしろかった!
これを何回も繰り返し焼き続け… しこたま食った!

さらに、〆は牡蠣めしまで食って大満足!

100_0155_20130130104426.jpg

兎に角、美味かった&楽しかった!
これで体の栄養補給と心の充電も完了!

ごっそうさんでした~♪

またやるばい!



スポンサーサイト

Category: 七里ヶ曽根

Comment (6)  Trackback (0)

悔し楽しやマグロアタック!


この時季珍しく海況に恵まれ、2週連続となった七里釣行
今回は久しぶりに「マグロ大先生」ことチョナ君もご乗船!
この日も朝一からミヨシに立ってマグロを探す…

七里到着と同時に広範囲にマグロは出るが、いずれも距離が遠かったり
漁船の側だったりでなかなか射程に入ることが出来ず…
そこで出そうな位置に船をキープしてしばらく粘ってみることにしたが、
ほんの僅かのポジション調整… これが明暗を分けた!?
マグロが出たのは、たった今まで自分たちがいた場所に入った他船の正面!

間もなく、激しい水柱とともに歓声が上がった…

くぅ~やられた…

それはパチンコで自分が譲った隣の台に大当たりを引き当てられた時の状況に
極めて似ているが、悔しさレベルは100倍以上だ!

無情に光る回転灯…

ん~~~、何度この光景を見ればいいのだろうか?
これを最後にこの日のマグロチャンスは終わった…


ま、すっかりこのパターンに慣れてしまった最近では、その後の
「待ちジギング」楽しく、可笑しく、お茶を濁す(笑)
ここからは、お土産確保が最優先、ブリやヒラスを釣りまくって、本命が
マグロ狙いだったことを忘れてしまおう作戦だ!


と言いつつ、密かにジグでもヨコワを狙っていたところ…?


びや~~~っ!!


アタリと同時にラインが走る!

「おっ?ホントに来ちゃったよ~♪」

な~んて上手くは行かず、上がってみれば元気なヒラス君!

100_0120.jpg

10キロup!

長さの割にウェイトが少なかったのがちょっと残念(笑)

そして次はチョナ君に来た!
フルドラグのガ チンコファイト!?

100_0126.jpg

が、

ナイスサイズのブリをランディング直前、

まさにネットを差し出したその瞬間!?

タイミングを計ったようにポロリンチョ!

え~~~っ!?

そして大爆笑!

いやぁ~流石!笑いを取るための演出も抜かりない(笑)


しか~し、
そこは大先生、すぐに2尾目をかける!

100_0127.jpg

またしてもバラせコールを浴びながら…

100_0128.jpg

今度こそやっちゃいました(*^_^*)てへぺろ♥

これで勢いに乗るかと思われたが、やはり大先生は凄かった!
その後何度もあったヒットをことごとくバラシまくる!

「普通ジギングでそんなにバレますか?」

いくら場を盛り上げるためとはいえ、そこまでやってもらわなくても…(爆)
いやいや、お気遣いありがとうございました(^o^)丿


そして最後は昨年末からホゲローキャンペーン実施中の船長、
この日で5回連続と記録更新目前、ついにその終止符を打つ時が来た!

100_0131.jpg

どれだけこの瞬間を待ち望んだことか!?

涙目の船長、ヤズゲ~~ッ!

100_0134.jpg

記録更新ならず! おめでとう!

画像はないが船長が釣ったガシラもデカかった!

その後も順調にお土産を確保するが、皆腕がパンパンになり脱落者も
出始めたところで少し早めの沖上がり…
マグロチャンスが少ないとジギングタイムが長すぎて困るね(汗)

帰港間際、黄色のゴム手をはめ、「〆職人」に早変わりした船長が手際良く
釣れた魚を昇天させる…

100_0136.jpg

そして…

今夜も港に戻り反省会♪

100_0139.jpg

厳しい冬の鮪道はこれからも続くのだった…





Category: 七里ヶ曽根

Comment (8)  Trackback (0)

ファーストアタック!

100_0109.jpg

2013年、一発目のオフショアは久しぶりの七里へ…
幸先良くマグロが釣れてくれれば万々歳であるが、そんな簡単ではないのが
マグロ釣り。 午後から強風に変わるとの天気予報に午前中勝負と決め、
まだ暗いうちに港を出る…

朝一は全員が人間ソナーと化し、五感をフルに研ぎ澄ましてマグロを探す!
マグロの湧きやすいポイントはいくつか決まっているわけだが、そんな場所は
漁船や縦縄(仕掛け)の密集地帯でもある。
キャスティングで狙うのであれば、トラブルになるのを避けるためにも出来るだけ
それらの外で湧いてくれるのが理想的なのだが…

そーいえば、この日も見慣れない一隻のルアー船が縦縄をペラに巻き込んで
しまったようで、漁船と揉めている場面を目撃した…
ここで言わしてもらうが、だいたいマグロ熱にのぼせ上った素人遊漁船
多すぎる!
アングラーがマグロを釣りたいと思うのは、これだけメディアや業界が煽れば
仕方ないことかもしれないが、そんなアングラーを乗せた船長までもが無知で
不注意な人物が多すぎることに憤りを覚える。
何べんも書くが、七里に来るのであれば季節毎に変わる七里のルールやマナーを
もっと勉強し、乗船客にもそれらを理解してもらってからにして欲しい!
只でさえ漁師達のピリピリムード漂う冬マグロシーズン、これ以上トラブルを起こす
のは自分たちの首を絞めるようなものなのだから…


とまぁ、話は逸れたが我々の船はとゆーと?
結局、この日のマグロは単発であったり遠かったりでなかなか射程に入らず(汗)

待ちのジギングではヒラスとマグロ餌に使えそうなヤズのみ…

100_0113.jpg

予報通り時化始めた昼過ぎ、帰り道で偶然湧いたデカマグロナブラはかなり接近し、
今日一番のチャンスだったかもしれないが、これもあと一歩及ばず撤収…

100_0110.jpg

名残惜しく海を眺める…

それでも入港間際、港近くの風裏でヒラメやイサキを釣って反省会用の食材を
確保するあたりは抜かりない(笑)

100_0118.jpg

今シーズンも何回か行くであろうマグロ狙い、
そして年々加熱する七里のマグロキャスティングゲーム!
しかしそこはマグロ漁師達の生活が懸かった戦場でもある…
どこまでがプロの聖域で、どこまでが我々アングラーが踏み込んで良い「遊び」の
許容範囲なのか? 正月からその話題で激論を交わし、結論の出ないまま解散と
なってしまった同級生マグロ漁師達との新年会…
自分の中に何かしこりが残ったっままの初釣りは、釣果も気分もイマイチな
結果に終わった…


Category: ロックショア

Comment (6)  Trackback (0)

正月魚

100_0021_20130108161505.jpg

年末のオフショアが絶望的となった大荒れの12月30日
壱岐に帰省し、正月用に鰤かヒラスをと目論み、久しぶりの磯へ降り立った
オレとkazuさん。
数日前から何処の磯でやるか悩んだあげく、潮、潮位、風向きを考えていくつか
の磯をピックアップ、新鮮な青物情報なんて地元でもない限り入らないわけで、
過去の経験と記憶、あとはカンを頼りに選んだとゆーのが正直なところ…
朝一に選んだこの磯は、満ちて来る潮とウネリで乗っていられるのは1時間ぐらい
だろうか? 早いうちに一本、そんな気持ちでキャストを開始した…


数投目、突然目の前で水柱が上がる!?

「喰うた、kazuさん!!」
反射的にロッドを起こし急いでリールを巻く!
しかし、そこは磯際から僅か5m、一気に右側の根とへ走られた!
そっちはマズイ !? 必死にリールを巻くが間に合わず…
僅か数秒の間に貴重な一本が岩に変わってしまった…

デカかった…ラインを回収にその岩近くに行ってみると、水深2m程の
岩と岩の間にボロボロになったリーダーが挟まっていた…

ラインを組み直していると、今度はkazuさんにヒット!
これもサイズが良さそうだ!
初卸しのロッドでサクッと浮かせて、ウネリと共に一気にズリ上げる!
お見事、秒殺ランディング!

しかしこれ以降、この磯でのヒットはなく、他の磯へも移動するが、
魚からの反応を得ることはなかった…
バラした時に必ず思うことだけど、出来る事なら
もういっぺんやり直したい(願)

100_0016.jpg

ピンボケじゃないよ、実際オレの目にはこんな風に見えていたのだから(笑)
ま、このヒラスを半身をもらう約束は取り付けたので、この日は良しとするか(^o^)丿



明けて翌日、今日こそラストの12月31日
何としても獲りたい、昨日よりも強く思ったのは当然のことだ!
そして昨日の敗因対策も抜かりない!
昨日使ったリール(旧ソルティガ4500番)をニューソルティガの5000番に付け
替えた!オフショアのジギングであれば問題ない巻き取りスピードだが、僅か
数メートルの磯際勝負となれば番手を上げなければ巻き取りスピードが追い
つかない、もちろんパワーも格段に上がるはず…
昨日の二の舞はゴメンだ(笑)

二日目も昨日と同じ時間に、同じくkazuさんと、同じ磯へと向かう…
違うのは余裕のkazu君に対してあとがないオレ(汗)

しかし、またしても悲劇は起こる!?
磯に到着し、念のためキャスト前にドラグを締め込み再確認

すると!?

スプールが クルクルクル~…って何でやねん!

ドラグノブの不具合か?いくら締めてもスプールはユルユルのまま…
なぜここで?こんな大事な場面で起こるとは想定外、
昨日の結果からして可能性が高いのは朝マズメだけなのに…だ!
あ~、終わった…
この時点でいじけて帰ったとしてもおかしくない状況だった…

が、

思い出した!

旧ソルを車に積んだままであることを!!

その旨をkazuさんに伝えると、オレは走った!
急げ…とにかく急がなければ間に合わない!
不安定なゴロタ磯も、ぬかるんだ山道も跳ねるように走った!
車に戻り、旧ソルに装着し直すと休む間もなくまた来た道を走った!
kazuさんの待つ ヒラスの待つ磯へと無我夢中で走った!
粉雪舞い散る極寒の大晦日、汗だくで走るオレ…
そして舞い戻った磯で 待っていたものは!?

で~~~~ん!

100_0018.jpg

「昨日より太かとば釣っちゃいました(*^。^*)てへぺろ♥」

横たわるグッドサイズの kazuさんが釣ったヒラス…

「ぬををををぉぉぉぉお~~~っ!」

こみ上げる悔しさ、己の運の悪さ…

「kazuさん、お、おお、おめ・・おめ・・おめで・・・」

「え~い、後回しじゃ~い!」

今はそんな余裕がない、とりあえず急いで投げなければ!
ぜぇぜぇと息を切らしたまま直ぐに投げた!
時間はあと少し、頼む、もう一本出てくれ~!

そして着水からのワンジャーク目、

ドッパ~ン!

ホントに出た!

今度こそ負けん!巻き取りスピードの遅い旧ソルに戻ってしまったがゴリゴリ巻いた!
これもデカい!(デカくなくてよかったんだけど…)
のされそうになりながらも短いポンピングで叩き起こし、力ずくで巻いた!
そして昨日の右側の根にも走られず正面へと導いた…!?

にもかかわらず、またしても間に合わず…

正面手前の根に潜られ終了、あと数メートル早く浮かせなければ間に合わないのだ…

万事休す…

二日連続で喰らうとさすがに効く…
ここへ来て僅か1時間の出来事

対照的に二日連続で仕留めたkazuさんの勇姿!

100_0023.jpg

ヒラス9,1㌔

100_0025_20130108161502.jpg

おめでとう!




しかし、


時刻はまだ8時、諦める時間ではない…

もう一ヵ所、今の時間帯からが良くなる磯が咄嗟に浮かんだ!
最後にそこを打ってみよう、それでダメなら諦めるしかない!
もう意地だ、執念だ、やけくそだ!
急いでその磯へと移動する…

ここもウネリが大きくなり始め、残された時間があと僅かしかないことが分かる…

と同時に、横殴りの雪の中、寒さをまったく感じなくなっている自分がいる!


そして、


遂にその時は来た!


 バゴ~~ンッ!


「しゃぁ~~~っ!!」

3度目の正直、これ程ヒットを待ち望んだのはいつ以来だろう?
今度も喰った場所は悪かったが自分が走って根を替わした!
巻いて巻いて巻いた…そして凌いだ…
荒波に揉まれランディングも手こずったが最後はネットごと強引にズリ上げた!

100_0027.jpg

ヒラス7㌔!

起死回生!大きさだけではない、苦労して獲った一本!

良かった、良い年の瀬だ!

一年を締め括ったナイスな魚に出会うことが出来た瞬間だった!

100_0034_20130108161530.jpg




Category: 未分類

Comment (4)  Trackback (0)

年賀状

100_1184 - コピー


● さて問題です、私はどれでしょう?


ヒント1、アホヅラ丸出しの二人の兄貴達とは対照的に、端正なそのお顔は
賢そうであり、ええとこの坊っちゃんのようでもである。

ヒント2、さりげなく傾けた首の角度が絶妙すぎる! 写真撮影の少なかった
時代にここまで習得しているとは流石としか言いようがない。

ヒント3、格子のニット帽、花柄のセーター、さらに手編みのオーバーオールと
全身毛糸で決め込んだ斬新なファッションは今見ても…


イカす!


正月帰省の際、お袋に見せられた一通の年賀状…
まるで、「40年前の自分から届いた年賀状」のように思えたのは
お酒の飲み過ぎ 気のせいでしょうか(笑)

それでは今年もよろしくお願い致します(*^_^*)









プロフィール

ショット

Author:ショット


1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。