GO AHEAD!   Schott!の海日記 in福岡

玄界灘のお魚さんに弄ばれるショットの釣り日記です。

Category: 未分類

Comment (0)  Trackback (0)

Fine autumn day


100_0390.jpg


別に意味はなかとですが、次回レポートまでのつなぎです(*^_^*)





Category: 釣魚料理

Comment (8)  Trackback (0)

ヒラスとカナト

100_0376.jpg

久しぶりの釣魚料理は前回のヒラスカナト
ここでは登場回数の多いお馴染みの魚ではあるけれど、よく考えてみれば
自分で釣って食べるのはずいぶんと久しぶり…
まぁヒラスは特に脂ものってないし、味に飽きているのも事実だけど
こうやってブログにでもアップしないと盛り付けも雑になってしまうので
今回はちゃんとやりましたよ!
やっぱどうせ食べるなら見栄えも良い方が子供達の食い付きが違うからね(笑)

100_0378.jpg

続きましてはこれまた定番のカナトの唐揚げ&肝刺し
これは全然飽きませんよ!
釣れた時は「な~んだカナトか~」などと外道扱いしておりますが、
実は、内心喜んだりしてます♪
右下の肝刺し、何とカナト一匹だけでこれだけの量がとれます!
スゴイでしょ?これからの季節は肝が肥えてきますので味も最高!
もう次回からは鯛やヒラスはリリースで、カナトだけキープにしようかと
思ってるぐらいです、普通逆かな(笑)
あ、肝は釣ってすぐの〆と調理する際にしっかり血抜きするのがポイントですよ!
それとお決まりの…
※フグ科の取り扱いは自己責任で!
カナトフグ=標準和名 シロサバフグ




Category: 第八ゴスタン丸

Comment (2)  Trackback (0)

一瞬の時合

100_0365.jpg

待望の秋到来だとゆーのに肝心の青モンが沸かない我がホームエリア
最近の釣果にそろそろ不満も爆発寸前、
「鯛や根魚はいらん、オレはヒラスが釣りたいんじゃ~!」と、半ばキレ気味で?
いつもより早出しするも、あっけなく空振りに終わった朝マズメ…

先程の発言撤回、「鯛でも良いから釣れてくれませんかね」(笑)

日が昇ってからはジグで広範囲にポイントを探って行くことにするが、
魚の機嫌を損ねたようで、まったくのノーバイツ…
ラン&ガンスタイルと言えば聞こえは良いが、だいたいこんな日は無駄に
移動時間ばかりくってしまい、空回りに終わることが多い…
この日は底引き船団の多いいつものポイントを避けて普段やらないエリアに
まで遠出するも、魚の居場所を見つけきらず…

仕方なくいつものポイントに戻ってみると…?
何と底引き船団は一隻も見当たらない!
「な~んだ、早く言ってよねぇ~!」やはり裏目に出てしまったようだ…
しかしこれは逆に言えば、青モンが入っていない証拠でもあるわけで、
やはり青モンどころか鯛鉄板ポイントさえ沈黙のありさま…
まずい、非常にまずい展開だぞ~

そこで過去の実績ポイントのみを徹底的に攻めてみる作戦、
複雑な潮の流れの変化に合わせ丹念に…

上から下から…

前から後ろから…?


そして数回目!?

ポイントに入るタイミングと潮の流れがピッタリ合った潮止まり前の一瞬!

ドスンッと喰った!!

100_0366.jpg

ふぅ~~っと胸をなでおろす♪♪

やっと本命ゲットです!

さらに潮変わり直後には!?!

100_0369.jpg

やんちゃな高校生がヒット!

これぐらいのサイズになればきっと美味いはず?
よしよし、こっから巻き返しのチャンス!
一気に数を伸ばしたいところだが!?

チ~~ン…

今日のチャンスタイムはこれっきり、
またしても沈黙の海に逆戻り…

上がったままのテンションを鎮めることも出来ないまま
トボトボと帰港するしかなかったのでした…

100_0371.jpg


Category: 第八ゴスタン丸

Comment (4)  Trackback (0)

こんなはずじゃなかった…


ベストシーズンの最中、
この時季、海に出さえすればそこそこの釣果があるはずと信じて疑わず
久しぶりの凪の海に出撃…

が、

100_0354.jpg

蓋を開ければさんざんたる結果に終わる…
出来れば、楽勝ムード漂う行きの車中の会話を取り消したい(爆)

ま、「激渋」の二文字で片づけてもいい話なのだが、
実際はそれだけではなかったような気もする!?

朝一のキャスティングではベイトも居たしバイトもあった、
ジギングでもkazuさんに良型ヒラスがヒットするがフックオフ…
と、数は少ないながらもチャンスがあったわけだから…

にもかかわず、午前中のこの時点ではまだ気持ちに余裕があった、
潮変わりからの後半戦でもう一回チャンスが来るだろうと…
しかし、底引き船団ひしめくこの海域ではそんな悠長な考えは通用しなかった
結果から言うと、プレッシャーの少ない朝の早い時間帯だけが勝負だったのかも
しれない…

見事に予想は外れ、午後から北風が強くなるとの天気予報のみが当たるとは…
またしてもずぶ濡れのスプラッシュマウンテン!
波飛沫で悔し涙を隠しながら帰港したのは言うまでもない(涙)

ポイントを廻る順番や潮とのタイミング、粘るか見切るか…?
等々、やり方を変えれば結果も違っていたかもしれない?
とりあえず次回からは上下カッパ着用で!



Category: 第八ゴスタン丸

Comment (4)  Trackback (0)

悪い癖


台風の影響で外海は大荒れの日曜日
こんな日に無理して出たところでろくなこたぁ~ないことは今までの経験上、
重々承知しているはずなのに…
それでも、こんなシケの時の為にと以前から目を付けていた、湾内の風裏
ポイントがあったのを思い出し、「あそこなら大丈夫やろ!」と、何が何でも
出ようとしてしまうのはいつもの悪い癖…

で、現地に到着すると…
予想外とゆーか案の定、出航場所から覗く海は穏やか!?
もちろん天気が良い日なら絶対来ないようなジミ~な感じのポイントで、
たいした魚が釣れそうな気配もないけれど、こんな日でも安全にゴムボ
ヒッシングが出来るのであれば「背に腹は代えられん」などと、さも出な
ければいけないような言い回しをするのもいつもの悪い癖…

ま、kazuさんが前に座っていれば多少の波飛沫ならば避けられる
のではないかとゆー計算もあったことは秘密なんだけどね…(笑)

満場一致で(二人やけど)出航決定となり、意気揚々港を飛び出すが
岸から離れると猛烈な風が吹き付け、ご覧のような状況…

100_0318.jpg

さすがに風速10m以上の強風が吹くとゴムボートなんて木の葉のように
流されて、釣りに行ったのかラフティングに行ったのか分からなくなって
しまうので、穏やかな港の入口付近まで避難…

するとここで予想外に小鯛やシーバスがぽろぽろと釣れ始め、
「な~んだ、苦労してわざわざ沖まで出る必要なかったやん!」
と、嬉しい誤算に救われる♪
そしてそのただの偶然を、こんな最悪のコンディションの中でもそれなりに
魚は釣れたわけだから、天気の良い日にやればきっと、
と~んでもない釣果になるのでなかろうか!?!?
と、前向きにしか考えられないのもオッサンの悪い癖なのでした…

100_0320.jpg


プロフィール

ショット

Author:ショット


1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2012