GO AHEAD!   Schott!の海日記 in福岡

玄界灘のお魚さんに弄ばれるショットの釣り日記です。

Category: 釣具

Comment (6)  Trackback (0)

ロッド制作!?

100_1381_convert_20120224110118.jpg

実家の倉庫から引っ張り出してきた懐かしいジギングロッド…

100_1380_convert_20120224124632.jpg

ごっついオーシャンガイドにこれまたぶっといリールシート…
自重も重く、しかもリールシートの位置が下に付いてるギンバル仕様だから
脇挟みでの使用なんて無理(笑)
さすがにもう長いこと出番もなくなっておりました…

100_1382_convert_20120224105644.jpg

しかし、細く鞭のようなしなり具合と、肉厚ブランクが醸し出すパワーは強靭!
数々の大物~小物を釣った思い出のこのロッドを、埃を被ったまま眠らせて
おくのはもったいない!
軽量化とバランスさえ調整してやればまだまだ現役で行けるはずだ?


そこで、


復活!!


100_1405_convert_20120227105719.jpg

させるべく夜な夜な制作(改造)中!
現在グリップ部分の制作段階やけど、もちろんリアグリップは脇挟みしやすい
ようにツチノコ仕様(爆) しかもちょっと長めにとったらフォアのブランクが足り
んくなった…
ん~、バットに被せるしかないな!?
そうそう、この際ワンピースにしてしまいましょう♪
なんてやり始めたら、だんだん楽しくなってきたぞ~!

ってことで、無事完成しましたらまたご報告を(笑)



Category: 釣魚料理

Comment (6)  Trackback (0)

ブラックダイアモンドの原石 !?

最近のヨコワは美味くなりましたねぇ~♪
いやいや、昔も今もヨコワはヨコワでしょ!?って話やけど、昔はヨコワが釣れても
小さいし、キロ単価が安いこともあり、処理が適当だったせいかあんまり美味くな
かった気がします。「ヨコワ臭」と言って10~30㌔ぐらいまでの小型のマグロ
独特の匂いもあったしね・・・

それが今では・・・!?

100_1366_convert_20120217190240.jpg

まぁ、無知とは怖いってことです。

ちゃんとした処理と保存方法をやれば臭みもないし、ヨコワでもマグロと変わら
ないぐらいの上質の身になるんやから!

ローストマグロ(改訂版)

100_1370_convert_20120217190430.jpg

今回は玉ネギをすってジャポネソースにしてみました!
より肉っぽい感じでマグロに合いますな~♪

100_1371_convert_20120217190611.jpg

そして頭とカマは我が家定番のスモークです!
もう、これは誰がやっても美味くなる魔法の調理法ですよ、ぜひやってみてくだ
さい!多少、部屋の中が煙たくなるのさえ我慢すれば至福の時がやってきます(笑)

100_1372_convert_20120217190743.jpg

今回も大満足の美味さでした、ゴチソウサンデス♪

そして、おまけに最近のブリやヨコワを釣った時の動画です!
kazuさんがアップしてくれているので貼り付けておきます!
ヒットした瞬間はもうちょっとデカいと思ったんやけどなぁ・・・(恥)






Category: 七里ヶ曽根

Comment (10)  Trackback (0)

祝鰤

100_1318_convert_20120213133257.jpg

朝の冷え込みが厳しいこの日、七里に向う時点での気温は0度・・・
感覚の無くなっていく爪先を反対の足でトントン叩いてみてもそれぐらいで回復す
るはずもなく・・・いつもの船室を今日は10ちゃんに譲ったことをチョ~後悔!
さぶっ(泣)

イカパターン終盤の七里、やはりこの日目撃したナブラもサンマに付いたマグロが
多かった・・
移動が早く追いづらいサンマナブラに対して久原船長は、漁船や縦縄に最善の注意
を払い、マグロが来るであろうコースを読んで先回り!
朝からこれを繰り返しながらチャンスを待っていたが・・・

そう言えば、前回マグロが釣れる確率は1%と書いたが、それはあくまでも船長の
腕やアングラーのスキルが皆同じだと考えた場合の話・・・。
その確率を10%、20%・・・と上げていくのもまた、船長やアングラーの努力次
第だと考える・・・たぶん

そこで、前回喰わせきれなかったそのサンマナブラに対して今日はいろいろと試し
てみたい事があった。そしてそのためにはアバウトなポイントやコースではなく、
まずは「ピン」にルアーを落す必要があったのだが・・・・
残念ながら今日はその「ピン」が届かない距離であったり、自分の立ち位置からは
キャスト出来ない方向であったりで、結局、朝のマグロチャンスは不発に終わって
しまった・・・

まぁ、それがマグロ釣り(笑)


気をとり直し、ここからはいつものジギングタイム突入!
ブリも終盤に入りサイズが良くなっているようだし今日もいっちょガンバルンバ♪

ってことで一流し目からさっそくヒット!!

どぉ~ん!とヒラスに、

100_1321_convert_20120213133632.jpg

ブリに、

100_1328_convert_20120213133904.jpg

kazuさんや船長もブリで、

100_1326_convert_20120213133752.jpg

キャスティングタックルしか持って来なかった10ちゃんは
ジギタックルレンタルで!

100_1350_convert_20120213151412.jpg

そのうち潤ちゃんマグロになって(笑)

100_1332_convert_20120213134211.jpg


一段落したところで焼酎タイム!?
今日もまた、青空酒場「七里」は盛況なり!
梅酒のお湯割り~♪

100_1330_convert_20120213134036.jpg

こんな寒い日にこりゃたまらんばい!
体も温もってきたし・・ むむむむ~っと元気が出てきたぞ~っ!

ってことで後半戦!

ポイントを移動した後の数回目、
喰った瞬間にヤツだと分かる喰い上げからの走りで(笑)

100_1335_convert_20120213134453.jpg

最初の走りでもっとデカいのかと期待したけど
上がってみればいつものヨコワサイズ!
ま、小さくてもカッコイイ魚やね~♪

100_1338_convert_20120213150352.jpg

さらに調子に乗ってブリ10㌔UPを追加!

100_1353_convert_20120213151652.jpg


しかし、

今日はkazuさんにやられた!?

普段は魚を掛けても控えめなkazuさんが、この時は珍しく!?

「喰う~たあ~~っ!!」

と雄たけび(笑)

本人曰くマグロかと思って思わず叫んでしまったらしいけど・・・

100_1349_convert_20120213151234.jpg

ブリ15㌔!!

くぅ~~~っ!やっぱりもってる男は最後にやるもんだねぇ(笑)
オレのブリが霞んでしまうぐらいのインパクト!?
kazuさん、おめでとう!

・・・思ってないけど(爆)




Category: 釣魚料理

Comment (8)  Trackback (0)

千里十里

壱岐のナウでホットでエロなアングラーが集う店といえば、ご存知「チリトリ」
いや、知ってる人は少ないのかな?
漁ちゃんをはじめ、壱岐のコアなアングラー御用達の隠れ家的酒場である。

ウワサ通りのその風貌、たたずまい・・・、一歩踏み入れば瞬く間にタイムスリッ
プ!? 壁に貼られた年代物のポスター、無国籍な置物、メインテーブル上段には
神棚、 壊れた石油ストーブなどなど・・・最近多いレトロ風の居酒屋とは違う、
正真正銘の昭和であり、それらすべての物がかもし出す雰囲気はまさにツボ!

しかも、ここの料理長がキン兄だったとゆーこともこの日判明!?

100_1293_convert_20120209200901.jpg

「おぅ、よう来たのー!まぁ座って待っちょっれや~」
「はいっ、兄貴!!」
ってな感じでさっき自分で釣ってきたばかりの鯵を捌いてくれます(笑)



「いらっしゃ~~い!こんなん出ました~♪」

100_1302_convert_20120209201430.jpg

釣れたて鯵の刺身はプリップリ!
久しぶりに食った鯵は最高に美味かった!ごちそうさんです♪

もちろんこの日マサキチが釣ったブリも・・・

100_1296_convert_20120209201733.jpg

どぉ~~ん!と大盤振る舞い!!

そして今日の喰わせきれなかったマグロの反省会もちょこっとして・・・
やっぱり「ぺぺ❤」について熱く語る船長だが・・・

100_1303_convert_20120209202019.jpg

誰も聞いてな~い(爆)

100_1306_convert_20120209202157.jpg

そうそう!船長お手製のチャーシューがこれまた最高の肴になって
気付いた時には売り切れ寸前!

100_1294_convert_20120209201128.jpg

エロだけじゃなく料理の腕も抜群なのだよ!

kazuさんが持ってきてくれたアコ貝も最高に美味かったし・・・シヤワセ♪
・・・ん? 何か持ち寄った食い物ばっかりみたいやけど、忘れてはいけない!
ここの料理も最高に美味いのだ!
皆がお勧めのチャーハンは、ミックスベジタブルが惜しげもなくふんだん
に入っていて、昔、ウチのばぁちゃんが作ってくれた焼き飯と同じ味がした!?
ウルウル~・・・

 100_1309_convert_20120209202512.jpg

帰りの時間までの僅かな時間だったけれど楽しく美味しく盛り上がり
後ろ髪を引かれながら店を後にしたのは言うまでもない




Category: 七里ヶ曽根

Comment (4)  Trackback (0)

1%のマグロ

寒波と寒波の隙間の日曜日、
寒さも緩み、この時季にしては珍しいぐらいの凪に恵まれた
「もっちょる、もっちょる♪」
この日も前向きでエロでナウなオッサンアングラー6人は七里に向った!

久原号の船底にある狭い船室に潜り込み、到着までしばしの休息・・・
と、予想時間より早くエンジンがスローになる・・
あれ、七里にしては早すぎるんやけど・・・
と思っていると何やら船上が慌ただしい!?
「マグロ!マグロ!」
まだ七里より遥か手前の位置だがサンマを追ったマグロが湧き出したようだ!
寝ぼけまなこを擦りながら急いで船室から這い上がると目の前にはマグロの
ナブラが広がる!
すぐにタックルを掴み狙いを定めキャスト!
広範囲に散らばるサンマ付きナブラに翻弄されつつもタイミングを測りピンに
打ち込む・・・
打ち込む、打ち込む!・・・・
打ち込む、打ち込む!・・・
打ち込む、打ち・・・

「って何でですか~っ!?」

「食ってくださいよ~っ!!」

明らかに何回かは良い所に入っとったやんか~?
多くの?を残したまま僅か数分のチャンスタイムは消えた・・・
ま~喰わないナブラには何を投げても喰わないってことで、次行こ、次~っ!

と、気楽に思えたのはまだこれは朝一、七里到着前の出来事、
この調子なら今日はマグロの活性も高そうだし、あと数回はチャンスも巡って
来るだろう!とこの時は皆思っていたから・・・
が、終わってみればこれがこの日、最初にして最後のチャンスになろうとは・・・



100_1277_convert_20120206183246.jpg

懸命の捜索と、高まった我らの期待とは裏腹に朝から静まり返ったままの七里

しかし今日も待ちのジギングではブリや・・・

100_1280_convert_20120206183348.jpg

細ヒラスや・・・

100_1289_convert_20120206183901.jpg

画像はないが船長にはローションが強烈すぎの「ぺぺ」も釣れた(笑)
(※ ぺぺとは船長が勝手に命名したメダイのこと)
そしてマサキチが9キロクラスのブリをゲット!

100_1288_convert_20120206183736.jpg

やったぜ~!お土産確保に安堵の表情♪・・・ってあれ?

100_1287_convert_20120206183630.jpg

確保出来ていない人の視線がコワ~~イ!!(爆)

繧ウ繝斐・+・・100_1287_convert_20120206185011

負のオーラ漂う負け組み達は・・・

100_1281_convert_20120206183519.jpg

暗っ!?

ジグ動いてます?
しゃくってますか? いや、起きてますか~!?(爆)
ってゴメンゴメン、写真やから当然なんやけどね!

曇り空のせいで暗く見えるだけでブリが釣れない事を気にしているわけではない
(たぶん) マグロ狙いは「0」か「100」、三振かホームラン、月とスッポン
50歩100歩、目クソ鼻クソ・・・ん?何か違ってきたぞ!?とにかく、ブリが釣れ
ようがヒラスが釣れようが目的は達成されていないのだから(汗)
もちろん今日も青空酒場「七里」は大盛況♪
その後は一度もマグロのチャンスタイムが訪れることはなかったが、大いに笑い、
悔しがり、楽しい一日を終えた。

ここ数年マグロフィーバーで賑わう七里だが、年々訪れるルアー船の数も増え続け
、休日ともなると30隻近いルアー船が七里を訪れているらしい。
1隻平均7~8人の乗客を乗せているだろうと推測すると、アングラーの数は
ざっと1日200人以上!?対してマグロキャッチは平均0~2、3本・・・
いやはや、キャッチ率が1%前後とは今更ながら驚いてしまうが、その分、釣れた
時の喜びが大きい釣りであるのも確か、
ま、今回の言い訳は「運」が悪かったとゆーことで・・・^^;




Category: 釣具

Comment (4)  Trackback (0)

オリジナルラインシステム考案に挑戦中!!

2月です!
随分と久しぶりの更新ですが釣りに行けてないのでしょうがないです!
だって「釣りブログ」だも~ん!!
この時季のオフショアはいわゆる「5分の1の法則」ってやつが適用されていま
すから気長に待つしかないようです(笑)

もちろんその間は他の事を忙しくやってましたよ!
釣り仲間の新年会もありました♪

P1211241_convert_20120124162953.jpg

今回もいつものように激アツな釣り談義に花が咲き・・・

P1211248_convert_20120124163139.jpg

いつの間にか変なオジサンが隣にいて↓・・・

P1211250_convert_20120124163624.jpg

刺激を与えてみても反応が悪かったので・・・

100_1134_convert_20111226151542.jpg

TOSHさんのグラスに入れときました~(爆)

ま、後半の記憶はほとんどぬわ~いけど楽しかったです!
ありがとうございました!また次回も楽しみにしております♪



さて、話は全然変わってここ数日、そーゆーことで釣り具をいじる時間が増えま
した!そこで今更って感じではあるけれど自分だけのオリジナルラインシステム
を考案しちゃおうじゃないか!?・・といらんことを思いつきまして夜なべしており
ます・・・理想のノットを求めてきっと誰しもが挑戦したことがあるはずでしょう
し、自分自身もう何回目?ってぐらい試行錯誤しておりますが、またです・・・^^;

ところで、昔、まだFGやPRノットが考案される前はラインシステムといえば
三つ編みかビミニが主流だったわけですよ!?
それが今ではFG派かPR派の人が圧倒的に多いと思うんですよね・・・
で、やりながら気付いたことがあるんですよ!

三つ編みとFGって似てませんか?
で、ビミニとPRも似てますよね?

もちろん三つ編みもビミニもダブルラインを作るためのものですが、製作過程が
似ているような気がします、 そして似ているもの同士であれば移行もしやすかっ
たのでないかと!?つまり、昔三つ編み派だった人は現在は→FG
ビミニ派だった人は現在は→PR、
となっているのではないかと思ったんですが、どうでしょう?

「・・・・・・?」

「え~っ!オレだけ~!!」

ま~、どうでもいい話は置いといて、結論を申しましょう!
だいたいですよ、今更新しいノットを考えようとしてもやはり結びコブや段差の
少ないノットとなるとFGかPRの変形にしかならず、それならってことで今度はFG
とPRの改良や組み合わせをしてみたりしても、よくよく考えるとあんまり意味が
ないことに気付き・・・

またしても断念(泣)

100_1277_convert_20120201121146.jpg

気が付けばPE4色分も組んでしまったのに
最終的にはFGに戻ってしまい全然進歩なしでした、残念(悲)
ま、また今度気が向いた時にでも・・・?






プロフィール

ショット

Author:ショット


123456789101112131415161718192021222324252627282902 2012