GO AHEAD!   Schott!の海日記 in福岡

玄界灘のお魚さんに弄ばれるショットの釣り日記です。

Category: ヒラスズキ

Comment (8)  Trackback (0)

30年前の天才ルアー少年



100_0429_convert_20110223110028.jpg

小学生の時、釣りキチ三平に刺激された僕は近所の釣り具屋にルアーを買いに行ったが
当時、田舎の〇〇漁具店にはルアーなんてコジャレたもんはなかった。
そこで僕は得意の工作を駆使して木を削り、鉛を埋め込み、プラカラーで色を塗って・・・
ミノープラグのつもりで作ったルアーは我ながら良い出来栄えだったけど、小学生の僕には
リップを付ける事の意味が分からず、今で言うところのシンペン!?が完成した。

早速、あこがれのスズキを狙いに日頃から目を付けていた「㊙ポイント」に繰り出し、
投げては巻いてを繰り返してみた。もちろんどんなアクションをしたのかなんて本物の
ルアーを見たことも使ったこともない当時の僕には分かるはずもないし、しばらくやっても
さっぱり釣れないのですぐに飽きてしまった。
せっかく作った初めてのハンドメイドルアーだったけど、魚を掛けるどころか、その後
二度と出番もないままタックルボックスの中に埋もれていった。
今思えばもしこの時、運良くスズキが釣れていたら、僕は天才ルアー少年か、超人気
ルアービルダーになって間違いなく釣り業界を震撼させていただろうね?

そんな事すらすっぱり忘れ、やがて大人になった僕が、それなりの知識と本物のルアーを
持って当時の「㊙ポイント」を訪れた・・・
大人になったそれなりの知識で考えてみても、やはりそこはスズキが釣れそうだったから・・・


「ほらやっぱり!」

100_0436_convert_20110223110151.jpg

案の定、数投目からの入れ食い!
30年前のルアー少年に教えてあげなれないのが残念だけど・・・

100_0437_convert_20110223110310.jpg





Category: 釣魚料理

Comment (6)  Trackback (0)

するめとからいもしょうちゅう

100_0417_convert_20110214123140.jpg

イカ漁が盛んな壱岐の漁師町に生まれ育った俺らの子供の頃のおやつと言えばスルメ・・・!?

「毎日、ガムの代わりにスルメ噛んでました!」

ってイヤイヤ、あながち大袈裟ではなくて結構ホントの話(笑)
一夜干しはもちろん、「のしイカ」と呼ばれるスルメをローラーで潰したやつとか、
更にそれを味付けしたやつとか・・ま、食べ方もいろいろで、それこそ弁当のオカズにも
スルメが入っとったぐらいやからね(爆)
しかもそれがウチだけじゃなくて、友達の弁当箱を覗いてもやっぱり入ってたし(^^;
その他にもウニ漁が解禁になる磯時季になれば、弁当のご飯がウニメシになったり
トコブシやサザエががおかずに入ったり・・・そうそう!何と言ってもウニ入りの卵焼き!
これはもう外せませんでしたなぁ♪ あ~思い出したら食いたくなってきたよ(笑)
と、今思えば壱岐ならではの贅沢な食材を当たり前のように食ってたことがおもしろいね!

おっとっと・・話がそれたけどスルメの話ね!
兎に角その中でもスルメはね、もう嫌ってぐらい食わされて飽き飽きだったんやけど、
これまた大人になって酒を飲むようになるとやっぱ美味いんだよね!

100_0407_convert_20110214123059.jpg

てなわけで今シーズンのスルメ君たちを我が家の冷凍庫に補充いたしました♪
今回のやつは幼馴染のイカ釣り漁師からパクッてきました❤
ついでに鹿児島のお袋さんからバレンタインデーに焼酎も貰ったし❤
これでまた1年間安心して酒が飲めるわけだよ、まいったか♪

100_0419_convert_20110214123227.jpg

Category: ロックショア

Comment (4)  Trackback (0)

ショットミノー80グラム

見事に今シーズン天気に見放されているワタクシ!?
まだ1回も沖に出れておりません・・・
最近の七里のマグロが調子が良いだけに、かなりもどかしい日々を過ごしております(涙)

惰性で磯をウロウロしてはみるけれどこれもなかなか・・・

kazuさんを盗撮するも竿は曲がってないし(^^;

100_0400_convert_20110212141200.jpg

でもマグロ用に改造&リメイクしたショットミノーの試運転はなかなか良さげ♪

100_0402_convert_20110212141243.jpg100_0406_convert_20110212141444.jpg

ま、どこがどう良いのか?って聞かれてもさっぱり分からんけど(笑)
雰囲気よ、雰囲気!

100_0403_convert_20110212141409.jpg

しかも、完成後の重さ計ってないから、80グラムっていうのもウソだし・・
予想重量?そんなんわざわざ表示すんなっ!て話ですね・・・

兎に角、あとは根気強く天気と休みのタイミングが会うのを待つの~み!
これが1番難しかったりして・・・




Category: 未分類

Comment (6)  Trackback (0)

白黒マン・・・

〇〇県〇〇市、某河川

その日も僕はいつもの川のいつものポイントでシーバスを狙っていた
時刻は夜の11時を回ったところ、
ウェーディングをするにはまだ潮位が高く
潮が下がるのを待ちながら岸壁からのアプローチを繰り返しているとこだった。

アタリもないいまま1時間ぐらい経った頃、ガサガサと後の方から物音がした!

「Sさんが来たのかな?」

今日もここで合流し一緒に入るつもりだったからそう思って振り返るけど
暗くてよく見えない・・・違うか?

再びキャストを続ける・・・


ジャリ・・ ジャリ・・ ジャリ・・

数分後、今度はさっきよりももっと近いところで砂利を踏む足音が聞こえた!
振り向くと、橋脚下の暗がりの中にいる人影がぼんやりと確認できたけど、やはり
暗くてよく見えない・・・
誰だろう?と思いながらも気にせずキャストを続けることに・・

「・・・・・・?」

こんな時間にこんな所に人が来るなんて珍しい・・

川に架かる橋脚下の工事現場、車両進入禁止、深夜・・・・
どう考えたって普通、人が来るような所ではないし、実際今までこの場所でアングラー
以外の人に会ったことなんてない・・・

ジャリ・・ ジャリ・・ ジャリ・・ 

ジャリ・・ ジャリ・・ ジャリ・・

やがてその足音はだんだんとこちらに近づき、そしてぼくの後ろで止まった・・・!?

「釣れますか?」と、普通、釣り人であれば声がかかるところだけど、しばらく経っても
その人影は黙ったまま僕の後ろに立っているので何だか気持ち悪い(笑)

何か用なのか?振り返ろうと思ったけど、この時、ちょっと嫌な予感がした・・

とりあえず、気付かないふりをしてその場を離れようと思ったけど、タイミング悪く
たった今ルアーをキャストしたばかり(^^;
平静を装いながらも左手はありえないぐらの速さで超ハイスピードリトリーブ!
この時の時間の長いことと言ったら(笑)

やっとルアーを回収し終え、思い切って振り返ることにした!

「何か用ですか・・・」

そこで僕が見たものは・・・・!?








kowai_piero.jpg





顔の右半分は白、左半分が黒!



「?????????」



「ありえ~~~~~~~〇△★÷φ×~%!!!」




しかもその顔は間違いなく笑っていた・・・


や、ヤバイ!ヤバすぎる!!

しかし、この時は驚きながらも、きっと誰かのイタズラに違いない!
と、まだ心のどこかで思っていた!



が、次の瞬間、


その男がポケットからキラッと光る物を出し、その手を大きく振り上げた!!


!!!


僕はとっさに避け、地面に転がった!

しかし更にやつは笑いながら近づいて来る!

「まじっ?」ロッドもどこかへ放り投げていたが今はそんな事はどうでもいい!

慌てて起き上がり、一目散に走り出した!




な、何なんだ、この展開!?

訳が分からない!

とにかく逃げなければ!その一心で数百メートル土手を走った!


途中、何度も振り返り、ヤツが見えなくなってもしばらくは走った・・・

そして護岸に生えたススキの茂みが目に付き、倒れ込むようにそこへ身を隠した

ゼーゼーと呼吸は荒く、体は諤々震えて力が入らない・・・

もう1度やつが追って来ないかを伺ったが、もう、そこにやつの姿はなかった・・


ドッキリ・・・?

悪戯・・・?

いやいや、シャレにならない!

急いで警察とSさんに電話をして助けを呼んだけれど
それでも体中の震えが止まらなかった・・・
しかもこの時、隠れていたススキの茂みは実は川に生えていて、僕の足は膝まで
冷たい水の中に浸かっていたんだけど恐怖のあまりそれさえ気付いていなかった・・・



~1時間後~

「頭はワカメばかぶったごと濡れて長かとですよ!」

「顔の半分が白で半分は黒で・・・コートんようなつば着とってからポケットに手ば・・・」

その後、駆けつけたSさん(ショットさん)に説明するが「アハハ?ありえんやろっ!」
と、爆笑するばかりで僕の話を信用してくれなかった・・・

                  
                    -END-




プロフィール

ショット

Author:ショット


1234567891011121314151617181920212223242526272802 2011