GO AHEAD!   Schott!の海日記 in福岡

玄界灘のお魚さんに弄ばれるショットの釣り日記です。

Category: 釣具

Comment (4)  Trackback (0)

ソルティガZ オーバーホール2 

さて、冬のマグロシーズンを前に
実家に置きっぱなしだったソルティガのラインを巻き替えることにした
普段使っているやつ(以前オーバーホールで紹介したやつ)とは別の物で
こちらは長いこと放置プレイ状態(^^;

で、何気にハンドルを回すと微かだがイヤなゴリ感・・・!?
気付かなかった事にしてしまいたいけど気付いてしまった確かなゴリ感(^^;
おそらく原因はベアリングの錆だとは思うが
こればっかりは開けてみない事には分からない・・

すぐに緊急オペが始まった・・・



そして、そこで・・・やってもうた・・・・

表のカバーを開けようと6角レンチを差し込み、回した瞬間「ズルッ」と嫌な感触!?
そう、長いこと放置されていたネジは固着し、ビクともせずに
内側のネジ山を見事に潰してしまった!

「・・・・・・・・・・・・」

経験のある方も多いだろう?
固着したネジは慎重にやらなければこうなる!
分かっていながら・・・、不用意に、そして力任せに回したオレが馬鹿だった

あぁ、ツルッツルのネジを如何にして救出(開ける)すればいいのか?
考える・・・考える・・・はっきり言ってこれは厄介だ、厄介だ・・・そしてムズイ、ムズイ・・・

キコカコ・・ギコガコ・・・

キコカコ・・ギコガコ・・・

格闘すること30分!

やがて救出されたネジ・・・

100_0142_convert_20101129131717.jpg

こりゃ酷いね(爆)

そして苦労の跡が出すぎだね(笑)



我ながらおもしろすぎる!
ま、ネジは代わりのやつに替えればいいとして
やっとここからゴリ感の原因究明に向けてオーバーホールが始まった
徹底的にバラして一つ一つのベアリング、ワッシャー、ギアをチェック!

100_0138_convert_20101129142440.jpg
※畳みの上にティッシュ・・・これが一番ネジやワッシャーを紛失する悪いケースだ(笑)
 
そしてメインのベアリングに微かなゴロツキ発見!
たぶんこれだろう?いや、これであってくれ!

早速今日、ベアリングとパッキン等の消耗部品をダイワに注文してきたよ
無事に直ってくれればいいけどね・・・

100_0145_convert_20101129131803.jpg

Category: 釣魚料理

Comment (6)  Trackback (0)

めでたい♪

100_0032_convert_20101124155600.jpg

自分のお誕生会のために自分でダンボールのメッセージボードを作り、
玄関からリビングまでの飾り付けもすべて自分でする 痛い 健気な少女・・・

そう!今日はそんな姉ちゃん(長女)のお誕生会なのだっ!ビバ HAPPY BIRTHDAY !
友達家族を呼び、ささやかではあるがみんなでお祝いをすることに♪♪

100_0039_convert_20101124155722.jpg

当然のように料理当番を任命されたワシもいつも以上に頑張ってしまうわけだけれど
前日のヤズやサワラが役に立ってくれてよかった♪

100_0045_convert_20101124155842.jpg

しかし驚いたのは「ヤズっていつからこんなに美味くなったの?」ってぐらい
脂が乗ってうまかったね!あなどれませんよ、また釣らねば(笑)

100_0043_convert_20101124155802.jpg

そして今回は娘のためにkazuさんがくれた鯛を鯛飯にするのだぁ~!
やっぱお祝い事だからね!
アラでダシを取り、下の方には切り身を贅沢にどっさりと仕込み
最後に釜のサイズにピッタリなチャリコを乗せて・・・ポチっとな!






ジャ~ン♪

100_0067_convert_20101124155929.jpg

ワォ~~ッ!
フタを開けると匂いがたまら~ん!

100_0087_convert_20101124160010.jpg

ほぐして・・・混ぜて・・・
「いっただきま~す♪」
ん~~~~~~~~~~~~~っ!! まじ最高!
もちろん今回、小骨は一切な~っしんぐ! 姉ちゃんも大喜び♪
おかげで楽しいお誕生会になりましたよ(^^







Category: ゴスタン丸

Comment (6)  Trackback (0)

タヌキに化かされた夜

今回はkazuさんの新艇「偽ゴスタン丸」での新規ポイント開拓釣行(笑)
エレキと魚探装備というのが初めての海域でも心強い!

行きの車中は前日の記録的な玄界灘大物ラッシュの情報で話もはずむ♪
真夜中の山道もナビを頼りに予定通り目的地へと到着することが出来た・・・はずが!?
前日確認した航空写真ではゴロタ海岸のすぐ横まで道路が密接し
出艇場所には良さげと思えた入り江だったが、実際には道路の横は断崖絶壁(爆)
上空からの写真ではこの立体的な地形が平坦に見えてしまうから恐ろしい(^^;

もちろん、ここからが大変!
別の出艇場所を探し、ナビには映らない獣道をあっち行きこっち行き、まるで迷路を
彷徨うように走り回る・・・
遭遇したタヌキは数知れず、バックギヤでも登れない山道を人力で押すこと数回・・・
こんなところで体力を使い果たしてしまうとは予想外、
本気でタヌキに化かされているのではないかと心配し始めたころ、やっと新たな
出艇場所を見つける事が出来たが、既に夜は明け、予定時間を大幅に過ぎてしまっていた



100_0003_convert_20101122150719.jpg



既に太陽は高く登り、貴重な朝マズメの上げ潮を無駄にしてしまった感は否めないが
この日もやはりヤズの活性の高さは相変わらずだ!

1投目からのダブルヒット!

100_0005_convert_20101122150753.jpg

しかしその後もトラブルは続く・・・

開始早々エレキのヒューズが飛んでしまいモーター停止状態・・
予備のヒューズに交換し、何とか再始動はしたものの
今度飛んだら手漕ぎになってしまう恐怖からスピードを出せずに
ノロノロ運航を余儀なくされる・・・

期待した魚探に至っては、魚影を映すどころか水深を表示することもない!?
要するに故障だ、電源さえ入らないままボートの飾りとなってしまった(^^;



ハプニング続きだが魚は良く釣れた♪

kazuさんが最近ハマっている一つテンヤも
小型ではあるがタイを中心に多彩な魚が釣れた

100_0014_convert_20101122150900.jpg

色の悪いのタイ

100_0012_convert_20101122150940.jpg

ナイッサイズのアラカブ

100_0019_convert_20101122151118.jpg


最近の嬉しいお土産、スパッと君!まんまるで脂が乗って美味そうだ!

100_0023_convert_20101122151257.jpg



そして嬉しいサプライズもあった!
何とkazuさんが手作りのオニギリを俺の分まで用意してくれていたのには
さすがにぐらっときて目頭が熱くなる思いであった・・

100_0011_convert_20101122151023.jpg

海で食べるオニギリの何と美味いことか(^0^
危うく惚れてしまいそうになったが、そこは思いとどまることにした(笑)



ヤズは最初から最後まで1度も途切れる事なく釣れ続けた(^^;
太ったやつを2本づつキープし残りはすべてリリース

100_0021_convert_20101122151205.jpg

今シーズン何かとお世話になったヤズ・・・
ブリになってもこのままこの場所に居てくれればいいのになぁと
なぜか娘を嫁に出す父親の心境のような寂しい気持ちになりながら帰港した





Category: 未分類

Trackback (0)

Practice


繧ウ繝斐・+(2)+・・100_0749_convert_20101116191749









Category: 釣魚料理

Comment (8)  Trackback (0)

白鯖河豚

100_0732_convert_20101111104251.jpg

最近、我が家の「お魚在庫事情の危機」を救ってくれているのが
 「ザ、キンプグ」(標準和名:シロサバフグ)

●数釣りが出来る、●下処理が簡単(皮を剥ぐだけ)、●味の方も申し分なく鍋やから揚げ
など何でも合うし・・・
これはある意味、イカ的要素を持ち合わせていると言ってもいいだろう(今思いついた)
つまりあれだ、お土産としては恰好のターゲットということだ(狙わないけど)

そんなキンプグの肝もこれまた美味い♪
今回のメニューはから揚げだったのでついでに肝も揚げちゃいました~!みたいな(^^;
サクッ、フワ~ッ「あれっ!お父さん、以外とこれもイケるわよ!」
となること請け合いである?ぜひお試しを♪

100_0733_convert_20101111104355.jpg

ところで皆さん、ご存知のようにシロサバフグの仲間には「クロサバフグ」「カナフグ」
「ドクサバフグ」など微毒~猛毒のフグも多く、その見分け方も色や鰭の形といった微妙な
違いしかなく、うっかり見誤る危険性は高い・・
しかも無毒なはずのシロサバフグにも生息海域によっては毒があるとも言われているし、
筋肉、肝臓、卵巣と部位によっての毒の有無というのもあるわけで、そこらへんは十分
確認したうえで自己責任、ノークレーム、ノーリターンでご入札ください・・・って違うかっ!
まぁ、もし釣っても自信のない方は迷わずリリースですぞ!(もしくはウチまで)

因みに我が家では、まず俺が食って30分様子を見る、その間嫁は直ぐに救急車が呼べる
よう電話を持って待機、そして何も異変が起こらなければ嫁と子供も食ってよし!という
事にしているが、その30分の間に俺が全部食ってしまっているということは言うまでも
ない・・・もちろんウソだけど(笑)

100_0736_convert_20101111104458.jpg

ヤズとサワラの刺身
サゴシとサワラ、同じ魚でも大きさでこれほど味が違うとは・・・(笑)


Category: ゴスタン丸

Comment (10)  Trackback (0)

ヤズの宴♪

出艇予定場所の今日の風向きは予報では北西~西の風、つまり海から陸への向い風・・・
しかし自分なりの予測では、朝は陸から海の追い風になり西風になるのは午後からのはず?
海が荒れやすくなるこの時季、自分の中でのテーマは風・・・
沿岸の海上では陸の地形や気温の変化の影響を受けやすく予報通りの風になるとは
限らない。 動力船(船外機付き)であればこんなに考えなくても済むことが手漕ぎと
なるとそうはいかない・・・ 
実際、1日の中で風向きは目まぐるしく変わり、時に予想外の突風が吹くこともある
危険回避はもちろんだけど効率良く風を利用するこも考えなければと・・
そこで、朝一は一気に沖まで漕ぎ出し沖のポイントを攻め、後半はやや強く吹くであろう
その西風に乗って岸に戻りながらポイントを流し、そのまま帰港という計算・・・


当日、夜明けと同時に沖を目指し出撃!
やはり緩やかな追い風となりオールを漕がずに沖までタックルの準備をしながらの
楽チン出艇となった♪
ここ数回の釣行でだいたいの潮の流れと魚の出る位置は予測できる
まずはそのポイント付近を流しながらあとはタイミングを待つことに・・・

待ちのジギングでキンプグをポツポツ・・・

100_0728_convert_20101108124606.jpg

しばらくして海面がザワザワと動き出したところでゴムキャス開始!
すぐに80cmぐらいのサワラが飛び出した♪

100_0719_convert_20101108124211.jpg

だがその後は何の変化もないまま漕いでは流されてを繰り返す・・・

やがて左に数百メートル離れたとこで規模の大きなヤズのナブラが起こるが
「遠いし、ヤズだし」と無視・・・

すると今度は右側100m程のとこでも更に大きなナブラが起こる・・・
ここまでキープはカナトとサワラ1匹のみ・・・

「近いし、追うか・・!」とオールに手をかけ漕ぎ出そうとすると、
何とその二つのナブラが同時にオレの方へと向って来た!
向こうから来るのであれば迎え撃つのみ!
一瞬の間に2つのナブラが合わさり更に大きくなったナブラに
ボートの周りをぐるっと囲まれた!

100_0716_convert_20101108124029.jpg

しかもヤズはヤズでも3~4㌔の「立派なヤズ」も混じっているではないか!?

100_0717_convert_20101108124120.jpg

まずはジグやプラグをキャストするが喰わない・・
やはり追っているベイトは数センチのまるで精〇のようなモジャコ!?
「そんなことだろうと思ったよ!」
そこで表層のヤツは無視してジグを底まで落してやっと喰わすことに成功!

100_0548_convert_20101108123919.jpg

「よしよし!次、次!」
続いてジグを落しシャクリ始めようとした途胆、突然 スパッ・・・
「何てことをしてくれるんだよ~っ!」
下にはサワラも付いているようだ!
ラインを結び直し再び落すとやはりサゴシ~サワラが連続ヒット!
そしてちょっと大きなヤズ、更にキンプグまで・・・
ヤズ、サゴシ、キンプグ・・・ヤズ、サゴシ、キンプグ・・・・

100_0725_convert_20101108124459.jpg

どうやらナブラの下は3重構造の様子(笑)
それにしてもこのナブラは沈まない!?
相変わらずボートはナブラに囲まれたまま!

100_0722_convert_20101108124316.jpg

そのうち近くにいた漁船もナブラに突っ込み始め、空からは鳥が突っ込む!
おかげでボートは大揺れ、それでも横ではボコボコ出るし、
ルアーを変えたり、魚を締めたり、写真を撮ったりぃ~~あ~~~忙しいっ!!

100_0723_convert_20101108124400.jpg

正味1時間程続いたヤズの宴、楽しかったなぁ~♪
デカいのは釣れなかったけどそれはまた今度(笑)


Category: 未分類

Comment (6)  Trackback (0)

SAGA INTERNATIONAL BALLOONN FIESTA!

100_0617_convert_20101105102923.jpg

「また釣りネタじゃねぇーしっ!」とPCの前で怒り狂っている ア❤ナ❤タ❤
まぁまぁ・・
ってそんな人おらんと思うけど居たらゴメンよ!てか居たらスゴイよ(笑)

100_0635_convert_20101105103009.jpg

だいたいね、40妻子持ち、週一休のオッサンが毎週毎週、釣りばっか行けるかいっ!
いや、行きたいんやけど・・・って、そうそう!
その為にはまず家族サービスもちゃんとやるんだよ!それがオトコよ!
でね、今回は綺麗な景色でも見て心を癒してみるのも良いかと・・・

100_0636_convert_20101105103058.jpg


現在開催中の佐賀バルーンフェスタ2010 (11,3➡11,7)

深夜からの現地入り・・・

100_0602_convert_20101105102746.jpg


しかし、たまにはイイね!空を見上げるのも・・♪

幻想的だし迫力もある・・・・・空が綺麗なのかバルーンが綺麗なのか?
なぜ空へと舞い上がるのか不思議がる子共達・・・
あんな狭いカゴの中でどうやってオシッコするのか不思議がるオヤジ達(爆)
(しかも女性選手も多い、もしかしてその下にはオムツを履いていらっしゃるの~?)

100_0605_convert_20101105102827.jpg

更に、嫁の機嫌が良くなる→釣りに行きやすくなる、と企んだりもする・・・
近くに「井手ちゃんぽん」があるはずだと楽しみにしたりもする・・・
そして何だか写真が上手くなった気がする(こりゃ年賀状に使えそう)・・などなど

100_0651_convert_20101105103145.jpg

あとは風が見えるようになればもう完ぺき・・!?(何が)
必死に目を凝らすけどオレには見えんっ!!





Category: 未分類

Comment (6)  Trackback (0)

シティマラソン福岡 2010

「来月、シティマラソンに出るから前の日はお前んとこ泊めてくれ」
と、熊本の兄貴から電話があったのが一ヶ月前・・

ここ数年、走ることに目覚め、九州各地で行なわれるマラソン大会に片っ端から出場し
すっかり自分はアスリートだと勘違いしているウチの兄貴・・・
その前はダーツにはまり、これまた各地の大会に出場しまくり
職場の倉庫にはダーツバー並みの設備を整え、仕事中?いや休憩時間~仕事後は毎日
ここで飲み明かし上司に大目玉を喰らうとゆー輝かしい経緯があるのだが・・
要は熱しやすく醒めやすいところが兄弟として恥ずかしいような
心当たりがあるような・・で複雑な心境だ(^^;
今回は毎年、福岡で開催される「シティマラソン福岡」(ハーフ21,0975km)
に出撃じゃ~!と鼻息も荒く、遥々熊本からのエントリー・・・

もちろん「あんたも出なさいよ」と嫁にしつこく進められたが
スーパー運動神経抜群のオレが出場すれば上位入賞は間違いないであろうし
それだと日頃から地道にトレーニングを続けている兄貴が目立たなくなってしまう!?
ここはぐ~っとこらえ兄貴に花を持たせてあげようという弟しての気遣いだ(もちろんウソ)

とゆーことで前日から福岡入りの兄家族
壮行会と称して深夜までの宴会に顔が引きつり気味の兄貴であったが
当日早朝は勝手に自分で起きて勝手に朝飯を食い会場に出発したようだったから
まずは一安心!その後、二日酔いで後から起きたオレを含む応援団で「絶対ウチに
泊まらなかった方が良かったのにね」と笑ったのは言うまでもない(笑)


そしてAM8:20スタート
その頃、我ら応援団は出来るだけ車で会場である福岡ドームに近づこうと右往左往するが
会場近くの人の多さと交通規制に行く手を阻まれドームに近づけない・・・
やむを得ず車を降り歩いて近場の通過コースを目指し応援場所を陣取ることにした

繧ウ繝斐・+・・100_0576_convert_20101101172549

やがてポツポツと目の前を先頭集団が通過、
そしてその後の第2陣、第3陣が続々と通過して行くがその出場者の多さに驚く!
はたしてこの中から見つけることが出来るか?そしていつ来るんだ?いや本当に来るのか・・?

と、心配しながら待つこと十数分、やっとオレンジ色のTシャツを着た兄発見!

繧ウ繝斐・+・・100_0577_convert_20101101172642

これがランナーズハイと言うやつか?確かにちょっと逝っちゃってる気がするが
余裕の面持ちで6キロ地点無事通過♪

更に応援団は地図を片手にゴール手前の19キロ地点へとショートカットで先回り
ここでも先頭集団から送れること約30分、疲労困憊ぎみではあるが兄、無事通過!

繧ウ繝斐・+・・100_0582_convert_20101101172723

さぁ、あとは残り2キロ!はたして何位ぐらいに食い込めたのか気になるところ・・・

今回、初めてマラソンの応援というものに行ってみたが、やはりコースの下調べ、
応援場所への先回り、駐車場の確保など、応援する側も結構大変だなと実感、
そして老若男女、幅広い年齢層の選手達の姿はまさしくアスリート!
感動すら覚える、何がここまで彼らを駆り立てるのか?
それはオレが大シケの海原にゴムボートで漕ぎ出すことと同じなのか?
波しぶきをかぶりながらもサラシに向ってルアーをキャストすることと同じなのか?
釣れもしないマグロを狙い漁船に乗り込み撃沈を喰らい、翌日ベランダに余ったイカを
干すことと同じなのか・・・?

たぶん全然違うな(爆)

さて気になる兄貴の順位だが 参加人数5500人中、1200位(ぐらい)!?
つまり、もし参加者が5人だったら1位ってことだから上出来なのだろう・・・

これも違うな・・・(笑)



プロフィール

ショット

Author:ショット


12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2010