GO AHEAD!   Schott!の海日記 in福岡

玄界灘のお魚さんに弄ばれるショットの釣り日記です。

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: ゴスタン丸

Comment (10)  Trackback (0)

真知子

相変わらず猛暑が続く8月最後の日曜日、
「そろそろ釣りに戻ろうか?」「いやいやもうちょっと潜りもやっておきたいし・・」と
どちらにするか迷う時季なんだよねぇ~ってオレだけか(^^;
そこで出した答えは単純!
ゴムボで沖磯周りのライトジギング、
後半は沖磯周りの調査を兼ねた潜りの2本立てで行こう♪
用意周到、いや、欲張りなプランを立てゴムボに釣り道具と潜り道具一式を積み込み
海パンにラッシュといういでたちでゴスタン丸は出航した!
沖磯を目指して漕ぎながら、ところで潜りもやるのにライフジャケットが必要なのか?
と疑問を感じてしまったけれどそれはどうでもいっか(笑)

まず水深15~30mのポイントを40gのジグで探っていくが
開始直後からエソの猛攻が凄い!
はっきり言ってこの時季、なぜこんなにエソの活性が高いのか・・・?
「30mの海底から表層まで追いかけて来んなよ!エイリアン!」
早々にジグとリーダーをガシャガシャにされ怒り爆発寸前!
それでも根気良く探っていくと久しぶりの「真知子」登場だ
100_0215_convert_20100830170613.jpg
顔は悪いが味は良い!真知子55ゲット!
100_0217_convert_20100831144123.jpg
エソ20にマゴチ1の割合と、何とも気が遠くなるような比率でマゴチが釣れる(^^;
その後、40~50を2尾ゲットしたところでポイントを代えることにした・・・
100_0219_convert_20100830170737.jpg

次は本命の沖磯周り
100_0234_convert_20100830170514.jpg
数回、違う所からボートを流し始めるが結局同じコースに戻される・・・!?
はは~ん!おそらく潮が動きだし、流れの筋があるのだろう・・
ここでやっと青物らしき魚がヒット!バーバーにドラグが出る!
ギラッと光る正体はヒラゴ!
しかし姿が見えるとこまで寄せておきながら痛恨のフックオフ・・・
再び同じコースを流すとまたしてもヒラゴらしき魚がヒットするがこれまたバラす!NO~~~!!!
これで群れが散ってしまったのかこの後、青物からの反応はなくなってしまった・・

時計を見ると10時前・・・昼には上がる予定だからそろそろ潜りに変更するか?
ところがこの日は漁船が多すぎた!沖磯周りでもタコ漁らしき漁船が数隻・・・
さすがにこの状況でゴムボートから釣り人がいなくなれば落ちたのかと心配されるだろう?
ドボンと潜り出しても目立ちすぎる!密漁者と思われるのは必至だ(爆)
どちらにしても面倒くさい展開なのは間違いない、
潜りは中止し、引き続き釣りを続けることにした・・・

ヒラスヨイズコヘ?

今度はボートを更に沖側のかけあがりを流すことにした
数回目、暑さでヘバリ気味のタルタルジャークに快心の魚信!
タイのようなトルクのある引きを堪能し上がって来たのはイサキ!
47~8cmのメガイッサキ~!(kazuさんオレもやったよ~!)
100_0224_convert_20100830170832.jpg
きゃ~~~っマジ嬉しい♪
この夏、何度この50cm級のメガイサキを突きそこねたことか(^^;
「 突けぬなら 釣ればよいのじゃ メガイサキ♪ 」100_0229_convert_20100830170957.jpg
更にイサキを1本追加し嬉しいお土産となった♪
100_0228_convert_20100830170912.jpg
100_0231_convert_20100830204803.jpg
ヒラスの2バラシしは残念だったけれど、
やはり海の中では既に秋が近づいているのだなと実感し納竿とした・・・
あ、良型のネリゴもバラしたけどね(^^;

スポンサーサイト

Category: スモグラー

Comment (6)  Trackback (0)

うじゃうじゃでウハウハがヘロヘロ・・・

お盆休み中の壱岐は南西の風が強く本命ポイントには入れず渋々臨んだ風裏ポイント
魚の気配に乏しいゴロタ海岸だけど唯一、
海岸から沖へ100m程の所に干潮時にだけ頭を出す沖磯がある
この沖磯周りは時々定置網が仕掛けられるポイントでもあり
魚影が濃いのは間違いないのだがよりによって前日の夕方にも網を仕掛けられていた・・・
果たして魚は残っているのか?と不安を抱えつつスタンバイ
しかもタイミング悪くこの時は満潮で海岸からは根の頭は確認することが出来ず
カンだけを頼りに沖へと向って泳ぎ出すことになった・・・

十数分泳いだだろうか?一向にそれらしき岩が見えてこない・・・?
コースを間違えたのかなと思い始めた頃、
突然何も無い10数mの海底から垂直に切り立ったビルのような岩が現われた!
そのデカさ、シルエット、想像していた光景とのギャップに驚いた!
陸から見るチョコンと頭を出した岩の下がこの様になっていようとは!
光に映し出された幻想的な光景に思わず見とれてしまいそうになったが
そのビルの周辺の流れが速いことと言ったら・・・
あと数メートル先の根にしがみつくまでに何分泳いだことか!? 
魚を突くのも写真を撮るのも無理無理!景色は最高だけど危険度も最高(^^;
激流対策を考えて出直そうと決め「水中のビル」を後にした・・
(今思えばこの時点で体力をかなり消耗してたのかもしれない・・)

さて気を取り直して手前の砂と岩が入り混じるポイントで探索を開始するがここも魚影は薄々・・・
普段は狙わないが、海底をウロウロしていた一匹のクロダイ(50cm)を岩に同化するワザを
使い?ゴリゴリ寄せてみると簡単に射程に入ったためサクッとキープ!
しかし、他にはまともなやつを全然見ない・・
やはり定置網を引き上げた直後では無理なのかもしれない・・・
100_0175_convert_20100818122807.jpg

仕方なく諦め、遠回りをしながら戻る途中でやっと数匹のイシガキダイの群れに遭遇!
残念ながらどれも30cm程度の小型ばかりだが、驚かさないようしばらく見ていたら
どうやら近くにある岩の下へと入ったり出たりを繰り返しているようだ・・・
「ははぁ~ん!ここがキミ達のお家ね・・・」
ちょっとお邪魔するよ~!と水深6~7mの岩下の穴を覗くと
30~50cmサイズのイシガキダイがうじゃうじゃ♪
しかし、細長く入り組んだ穴の中でイシガキダイ達は突然の珍客に慌てているのか
ウネウネと入り乱れ、狙いが絞れない・・・
どうにか50サイズのやつを突こうと銛を構えるがイシガキダイ達は更に穴の奥へと
逃げ込んで行き、潜るたびに数が減っていく・・・
「もうどれでもいいや!」と放った銛はカランカラ~ンと入り組んだ岩に傍まれ的を射ず・・・
それでも繰り返し潜った数回目、
やっと角度のない位置からどうにか刺さったイシガキダイは50cmオーバーの良型!! 
「はぁ~苦労したなぁ・・」
偶然にもクチバシの先っぽを貫通させるという神業的な刺さりで、身の部分には全くキズの
付かない理想的なショットだった! しかしこれが裏目に出た・・・
魚が元気すぎて、ストリンガーをエラに通し腰のベルトに掛けようとしたその瞬間!
思いっきり暴れ出し、口にストリンガーを付けたまま逃げ出した~っ!NO~~~~~!!!
あっという間に視界から消えた・・・
もちろん近くの隠れそうな岩辺りを懸命に探してはみた・・
が、致命傷を与えていないだけにその辺に転がっているわけもなく発見には至らず・・・
なぜ先に〆なかったのか?悔んでみても後の祭りだ・・・

「・・・まだおるやろう?」
再び先程の岩下を覗くと30~40の小型が数匹残っていた!
「今度こそ!」
すると今度もなぜか銛は明後日の方向へと飛び出し、カランコロ~ンと岩にぶつかる・・・
「何で?」
更にゴムを引き直すが今度はゴムをMAXまで引く途中で手が滑りまたしても岩を撃ち砕く・・・

「オレは何をやっとんじゃ~いっ!!!」

疲れ、苛立ち、焦り、と全てのマイナス要素を集結させてしっまったために起こる
負のスパイラルとでも言おうか・・・・

流石にこんだけ掻き回せば逃げるのは当然で、
イシガキダイは一匹残らず居なくなってしまった・・・
最後はフラフラになりながらのエキジット、終わってみれば見事な惨敗!?

「あ~~~~~~~~疲れた~っ!!」



Category: 釣魚料理

Comment (8)  Trackback (0)

アクアパッツァ♪

~前回のカレイ~
100_0137_convert_20100810143237.jpg
おぉ~っイッツビューチフォ~!
何という透明感!
やばいくらいのスケスケ!?
エンガワなんてそりゃもう、プッチプチで・・・・

死にました♪

100_0141_convert_20100810143338.jpg
活き造りにしようと思ったんやけどね・・・皿に乗らんかった!! デカイって困るな~♪

そしてビールのツマミにやきとりサザエ!?
100_0169_convert_20100811110008.jpg

これはタウリン!
100_0144_convert_20100810143439.jpg

もういっちょタコ!
圧力釜でフワフワの甘辛煮!やばいよ~
もちろん食感の似たコンニャクを入れて目方を増やすワザも使う(^^;
こんだけ食っときゃ夏バテなんてありえんやろ(笑)
100_0166_convert_20100811105921.jpg

最後はアコウとカワハギのアクアパッツァ~!!
もちろんオレ、アコウ! 嫁さんカワハギ! 子供はアサリやけど・・・何か?
100_0162_convert_20100810143539.jpg

ごちそうさんでした♪



Category: スモグラー

Comment (4)  Trackback (0)

砂地探索

100_0136_convert_20100809172837.jpg
今日は通い慣れた近場のポイントへ気楽な単独突行!
途中の景色も夏らしくて気持ち良かったので写真を撮りながらの、のんびりドライブ♪

ここは砂地メインにゴロタが混じった海岸でどちらかと言うと魚突きよりも子供達の海水浴に
もってこいの場所だ(^^; 魚種も小物中心にメジナ、メバル、アラカブ、ベラなどどこにでも
いそうな魚達で構成されている(笑) しかし、今回の目的はオカズ捕り(^^;
大物は期待していないので銛も短く細い、所謂ライトタックルで十分のポイントだ・・
まぁ、沖の深場まで漕ぎ出せばそれなりの魚は見られるだろうが岬の先からの潮流が
すさまじく、流されればアウト、まず帰って来れない可能性「大」なので大人しく
手前の浅場でやるしかないんだけどね(^^;

まずはエントリー直後のゴロタ場でタコ4、カワハギ2、チビアコウ1とお土産をゲット!
幸先良く先へ進むが・・・メジナ、サンバソウ、メバルなどなど、とにかく小っさすぎる~っ!
一度だけ30~50サイズのチヌの大群(約100尾)に囲まれ、その中のボスなのか一回り
大きな60サイズのやつは流石に貫禄があった。しばらくその光景を眺めながら
「あっカメラ!」と思ったが生憎リュックに入れたままだったのに気付く(^^;
100_0126_convert_20100809172759.jpg
しかしそれ以外、やはり全体的に魚はショボく食指を動かすようなやつに会うことはなかった・・・
もちろん、そんなことは想定内、早々にゴロタを諦め
もう一つの狙いであるフラット系を求め砂地探索へと繰り出すことにした♪ 
100_0131_convert_20100809173127.jpg

だだっ広い砂地でもやはり魚の溜まるポイントは決まっている
これは釣りと一緒だ!怪しい場所は念入りに探す・・・
が、これまたヒラメも小っさ・・・ソゲクラスばっかりで閉口する・・・
そしてやっと見つけた納得サイズのヒラメシルエット!?
「ラッキ~♪こりゃ50は越えとるやろっ!」
ゆっくりと潜行する・・・
・・・ん?
何か違う・・・?
あっカレイじゃん!!
もちろんカレイでも全然かまわんし~♪むしろウェルカムやし~♪
確実に頭部を狙いザッシュ~ン!!!
決まったぜ!!
ガッチリとエラを掴み浮上する♪
100_0114_convert_20100809172625.jpg
イシガレイ54cmゲットじゃ~~~!!!(メガネの跡がくっきりです!)
100_0117_convert_20100809172714.jpg
お土産も確保出来たし今日はこれぐらいで勘弁してやるか♪
さすがに砂地の似たような光景ばかりには飽きてしまった・・(笑)






Category: 小さい魚

Comment (6)  Trackback (0)

手長AB・・・!?

夏の風物詩でもある恒例の手長エビ捕り
子供が夏休みということもあり今回は家族みんなで深夜のエビ捕りに出かけた
長袖長ズボンに長靴、首にはタオル、手には網とバケツという典型的なエビ捕りルック!
更に虫除けスプレーと完璧な防虫対策を施し、いざ突撃!
100_0021_convert_20100802122029.jpg
おったおった~っ!水中にキラリと光る無数のエビの目!
子供達に要領を教えると次々ゲットしていく!
もちろんその夢中になった子供達の目もキラリと輝いていることは言うまでもない(^^;
100_0026_convert_20100802122154.jpg
あっという間にバケツが一杯になっていく・・・
100_0028_convert_20100802122302.jpg
そしてその頃、親父はというと・・・
雑魚には目もくれず、ひたすら「ブラックタイガー」級の大物を狙っていた(笑)
小ぶりなやつの方が殻が柔らかく美味い、それは分かっている・・・
100_0034_convert_20100802122423.jpg
分かっちゃいるがどうしてもデカいやつを捕ろうとしてしまうのが本能だ?
どや!ブラックタイガーゲットじゃ~♪
100_0039_convert_20100802122520.jpg
そしてオレよりもハマってしまったのが嫁と子供達・・・
この日は心地よい風が吹いており、さほど暑くなかったことも幸いし止めようとしない・・・
「もういいかげん帰ろうや」何回このセリフを言ったことか・・・(笑)
海や川に出かけまさかオレがこの言葉を発するとは思ってもみなかったね(爆)
既にバケツは2杯目に突入・・・ しかし、まるで取り付かれたかのように無言で捕り続ける!
まぁ、やりだすとそれぐらいハマってしまうのがこの手長エビ捕りのおもしろさやけど!
来年も再来年もこういう遊びができるフィールドが守られる事を願うばかりやね!
やっと帰路についたのは夜中の3時を過ぎた頃だった・・・・

夏休みの作文はこれで決まりやろ(笑)
100_0061_convert_20100802122606.jpg
ホントに長~い手!手だけで20cm以上あるやつもいる!
100_0067_convert_20100802122707.jpg
100_0068_convert_20100802122825.jpg
そして何と言っても楽しみはコレ↓
100_0073_convert_20100802122950.jpg
手長エビのカラ揚げは絶品!!
塩胡椒と小麦粉をまぶしカラッと揚げればサックサクのウマさに驚愕!!
(揚げる前にハサミで「手」をカットしたほうが邪魔にならずに食べやすいよ)
美味すぎ!ビール飲み過ぎ間違いなし!エビちゃんヤバイぜぇ~♪
100_0080_convert_20100802123049.jpg


プロフィール

ショット

Author:ショット


1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2010
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。