GO AHEAD!   Schott!の海日記 in福岡

玄界灘のお魚さんに弄ばれるショットの釣り日記です。

Category: 第八ゴスタン丸

Comment (1)  Trackback (0)

イカ追加

イカ終了・・・・前回のタイトルにもちゃんと書いていたにもかかわらず、月一
帰福のタクマが「僕はまだ行ってないすよ~」と涙目で訴える・・・
最近の危険な暑さに、しばらくゴムボはお休みしようと決めていたのだが・・

ま、イカはたくさん釣れても処理に困らないお土産ではあるし、根魚、夏マサと、
他にもこの時季狙える魚が多いのも事実だし、肝心の暑さ対策は氷と飲み物を
いつもより多めに用意しとけば何とかなるか・・・
てなわけで、イカ追加釣行特別編、いざ出撃!

37205632_2228780314000928_653415691390550016_n.jpg

安定の釣れっぷり!

100_1119.jpg

全体的に型は小さめな気はするが、中には2段サイズの良型も混じりつつ、
ワイワイ盛り上がったところで恒例の船上イカの活き造りコースでおもてなし♪

100_1123.jpg

100_1126_201807181218339df.jpg

「釣りたてホヤホヤ透明なイカはやはり美味すぎる!」

「プハ~ッ、やっぱイカ釣りはこうでなくっちゃね~♪」
と言いつつ、ビールが飲みたくなる衝動を麦茶で我慢するのは辛かった・・(笑)


さて、腹ごしらえも出来たところで後半はお魚釣りにシフト!

一ヵ月、魚に飢えてるタクマがこの日もさっそく良いのを掛けた!

100_1131_2018071812183410d.jpg

プロポーションの良い鯛ではあるが・・・

100_1129.jpg

既にイカで満足しているので悔しくはない、

そしてこれを皮切りに根魚ラッシュに突入!

コアラにアコウと夏マサも忘れずにw

100_1132.jpg

イカは二人で60~70杯~ぐらいか?

100_1134_2018071812191297e.jpg

とまぁ、暑い中頑張った甲斐もありイカも魚も大漁フィニッシュ!
心配していた暑さだが、確かに海の上の方が陸の上より幾分マシではあるが、
炎天下の港のスロープはコンクリートの熱気がハンパなく、片付けの30分だけで
死にかけた(汗)
とゆーわけで、今度こそしばらくゴムボお休みですよ!
また涼しくなったらヒラマサ再開で!(^^)!

Category: 第八ゴスタン丸

Comment (2)  Trackback (0)

イカ終了

今年も恒例であるケンサキイカ釣りの季節が到来した・・(いや、既に最盛期か)

エギングをまったくしなくなった昨今、イカが食べたければこの釣りをやるしか
ないわけでもあるが、イカメタルの釣りは居れば誰にでも簡単に釣れること、
ゴムボで出来ること、(エギングの)気の遠くなるようなフォール待ちが苦手な
せっかちさん(オレ)でも出来る唯一のイカ釣り法でもあるのだ‥

とゆーわけで先日、トシ君を誘い出かけてみたのだが・・・
やはり!?誘う相手が悪かったようで、風ボーボーの大荒れ・・・
底は取れない、あっとゆー間にポイント通過、高波&飛沫被りまくりの全身
ずぶ濡れで、おまけにトシコンの本人は船酔いで早々にダウン・・
もうね、想像していた本来の「楽しいイカ釣り♪」とはかけ離れた修行のような
イカ釣りになってしまったのだ・・・
しかも、オレ15杯、トシ20杯とグロッキータイム分のハンディをもらいながら
数でも負けるとゆー散々たる結果、実に楽しくなかった(笑)

100_1114.jpg
(イカは別クーラー)

とゆーわけで、今週は一人でリベンジ
朝一から午後2時まで、途中2~3時間ほど根魚もやったりしたが、ほぼ半日
飽きるまで釣り続けたおかげで90杯とノルマ達成♪
(ちなみに、釣れたイカを上げる途中、ヒラスかタイに食われ仕掛けをブチ切られ
たのが3回・・)
ま、今回はほとんどが3段~3.5段サイズのチビばかりであったが、我が家の
当分のイカストックには十分なのでメデタシメデタシ♪
そしてこれで暑い夏の間はで涼を求めて山に通うことが出来るのである・・・?

100_1118_20180704165620dac.jpg



Category: 第八ゴスタン丸

Comment (4)  Trackback (0)

春の海

すっかり暑いぐらいの陽気になってきたこの頃、
そろそろヤマメ熱も発症しそうな季節到来でもあるのだが・・・やはりその前に、

100_1093.jpg

春マサシーズン後半戦!
今回も、まだ転勤しないタクマと夜明けから気合の出撃・・


ポイント周辺は鳥も多くいたる所でナブラも湧き上がり、朝一から魚の
活性の高さが伺える!

「もらったやろっ!」

狙い通り、5㌔サイズ~ヒラゴが流す毎にどちらかに釣れる順調な滑り出しで、
これならデカマサがヒットするのも時間の問題ではと思われた・・
そうそう、クーラーBOXには、じきに釣れるであろうデカマサを入れなければなら
ないので、スペースを残すため5㌔以下は全てリリースの強気な作戦も慣行した・・

にもかかわらず・・

トップではマイクロベイトを追いかけているデカマサナブラを攻略出来ず、
ジギングに戻せば反応が早いヒラゴやヤズがデカいのより先に釣れてしまい・・
ベイトも含め、明らかに全体的に魚が多くなったのは分かるのだが、トップが
良いのかジグが良いのか投げたりしゃくったり、的が絞れず翻弄されっぱなし
で時合終了・・

交通事故的にヒラメは釣れたけど(*^^*)

100_1096_201804241400150f5.jpg

ん~結局この後は、いつもの「根魚でも釣って帰ろうかパターン」で
尻すぼみ的な幕切れ、

100_1098.jpg

これじゃ終われんね、リベンジ確定です、
もう一回行ってきます・・

100_1103.jpg

Category: 第八ゴスタン丸

Comment (2)  Trackback (0)

激流ゾーン

100_1076.jpg

ドパ~ン!!

と、派手なバイトで飛び出したヒラマサ!

激流ゾーンの速い流れに乗ってグイグイ抵抗する力強い引きに、てっきり
春マササイズを期待してしまったけれど、上がって来た大きさに「あれれ?」
となった5㌔ぐらいの普通サイズ(笑)

100_1078.jpg

「ま、いっか」
激流+波風も強くなり始め、ダイペンを飛び出さないように操作するのが困難な
状況下、こんな時のリーサルウェポンとして選んだGUSTONスーパーポップ
しかも、これに変えてから一流し目のヒットとゆーのが気持ち良かった!

毎度のことながらゴムボ釣行にとって大潮とゆーのは潮流の速さがハンパない、
特に春は・・そしてそんな場所を好むヒラスを狙っているのだから当然の話でも
あるんだけれど、ボートを流してもポイントはあっとゆー間に通過してしまうし、
流し直すために潮上に戻るのは遅すぎるし、ナブラが出ても追いきれないしで
イライラは最高潮、

結果的にトップで1本、ジグで6.5㌔とヒラゴの3本のみ、

100_1086.jpg

状況は悪くなかっただけに、もっと効率良く攻めることが出来ていれば結果は
変わったはず?と悔やまれる・・・


Category: 第八ゴスタン丸

Comment (2)  Trackback (0)

マグロの誘惑

本日もデカマサ求めてレッツラゴー!

100_1064.jpg

ん?
まぁいいか、時間がないので先を急ごうw

今日は早め帰宅の命令が出されているのでさくっと釣ってとっとと帰らねば
ならないのだが、いつも行きに寄る氷販売機がまさかの故障中!?
他の販売所まで遠回りをしたせいで大幅に出遅れてしまったのだ・・

ま、それでもどーにかモーニングヒラスタイムには間に合ったようで、7㌔と
ヒラゴがポツポツ、
予想通り、潮変わり後の反応は途絶えてしまうが、今日の潮なら釣れただけ
でも良しとして、ささ、帰りましょうか?

と、港へ向かってボートを走らせていると辺り一面に広がる無数の鳥たちと
湧き上がる海面・・・

サワラか?

いや、

よーく見るとサワラに混じって時折10~20㌔クラスのヨコワも跳ねているのが
見えてしまったのだ(゚д゚)!キラッ

残業確定!

途端にボルテージが上がる船上、上から下から攻撃開始!
すぐに投げたトッププラグには最初だけはドッカ~ンと出てくれたのだが
惜しくも乗らず、ならばと手を変え品を変え、一流しだけのつもりが二流し、
三流し・・・粘ってみるのだが食わせきれず、
結局、次第に風が強くなり鳥山を追いきれなくなってしまったところで無念の
ギブアップ・・・

100_1065_20180326110710468.jpg

ん~、実に惜しかった、あと一歩だった気がするのだが(;^ω^)

100_1073_20180326110714245.jpg

次こそは頑張るぞ!


Category: 第八ゴスタン丸

Comment (2)  Trackback (0)

イサキの誘惑

潮のタイミングと風が収まるのを待って余裕の遅出しコース♪

今日は久しぶりの単独釣行、そして釣果も独り占め!?のつもりでいたら
最後最後と言いながら、なぜか今回もこの男が乗っている(笑)


100_1053_20180319120606d46.jpg

今日もタクマ絶好調・・・(イサキが!)

ヒラスジギングの合間に偶然掛かった一匹のイサキを皮切りに作戦を
変更し、ここぞとばかりにイサキを釣りまくる!

100_1054.jpg

そもそも、なぜ釣り人はイサキに心を奪われるのか?
しかも、どれも40オーバーの良型揃いなもんだから、脱線しすぎて肝心の
デカマサチャンスも逃していたような気がするのだが・・・?

ま、何だかんだ遊びが多すぎる釣行となってしまったけれど、ヒラス3~6㌔、
イサキにタイと美味そうなお土産盛り沢山で結果オーライか(^^)/

100_1058.jpg

そろそろ春マサらしいサイズも獲りたいところ・・・

100_1061_20180319120611dd0.jpg

Category: 第八ゴスタン丸

Comment (6)  Trackback (0)

必釣パターン

結局2月は一度も浮かべなかった・・
良型ヒラスの出る確率が高い時季ではあるが、ゴムボを出せる確率は低く
なるとゆー困った時季でもある・・

100_1030_201803051436072e6.jpg

さてこの日、潮の動き出しを待って数か所目に訪れた本命ポイント、
流れる方向と速さを確かめながら一回、二回と流してみるが無反応・・・
ん~、予想ではこのタイミングで入ればドンピシャなはず!?なのだが、
この日はベイトも少ないようで魚探にも何も映らない・・

困った・・・

ま、そもそも必釣パターンなんてものは存在しないわけで、あるとすれば
「次でダメなら根魚でも釣って帰ろっか?」ってないつものお決まりパターン
ぐらいのものでwダメもとで同じコースを流し始めた3回目、

突如として、さっきまで何もなかったコース上に現れる青物反応(マジか!?)

「おっ出た出た!タクマ、チャンスチャンス~っ!」

たった今、中層までシャクリ終えたオレとは逆に、今まさにボトムから
シャクリ始めようとしているタクマ!?!?


刹那、ドスン!とタクマのロッドが海面に突き刺さる!



100_1034.jpg

14.5㌔

しばらく二人できゃっきゃと大騒ぎ!

100_1040.jpg

良かった~、おめでとう♪

本来、人に釣られて喜ぶなんてことはなかったはずだけど・・4月からの
転勤が決まったタクマに、しかも直前で、メモリアルなサイズが釣れるなんて
ミラクルじゃん(゜o゜)

100_1045_201803051436134df.jpg

タクマ、心置きなく大阪行ってらっしゃい!これで仕事にも集中できるやろ?
玄界灘のヒラス君達のことならご心配なく(*^^*)

100_1050.jpg



Category: 七里ヶ曽根

Comment (2)  Trackback (0)

TO潮のブリジギング

いや~待ちに待たされた昨年末以来の七里ブリジギング、
ご承知の通り今冬シーズンは強烈寒波だったり、未成熟マグロの規制
だったりで我々アングラーも思うように出船出来ず、モヤモヤが最高潮に
達していたのだが・・・いや~マジで長かった
てなわけで今回は、それらのモヤモヤを払拭するぐらいの爆釣劇と行き
たいところ!?

七里到着後、朝一の一流し目は期待を裏切る無反応・・
少し移動してみるが、やはりこちらも無反応・・・
1時間・・2時間・・・3時間・・・・時間だけはあっとゆー間に過ぎるが無反応・・・

まぁ、今日はトシ君も乗船なので仕方ないと言えば仕方ないのだが、
相変わらずのTO潮パワーにうなだれる他メンバー・・・

(TO潮とは:大潮小潮に関係なくトシ君が来るだけでその海域全体で魚が
釣れなくなってしまう現象・壱岐ペディアより)


一方そんなことは意にも介さず生き餌確保にサビキを投入し始めるトシ君、
サビキで釣れたハゼのような見慣れない魚をバケツに活かし、新種はっけ~ん!
とはしゃぐトシ君、

そんな我慢の時間を乗り越え、やっとアタリが出始めたのは10時半、
沈黙を破ったのは珍しく電ジギを封印していた船長のファーストヒットだった!
そしてここからはやっと皆本来の調子を取り戻し、ダブルヒット~トリプルヒット~
なんかもありつつ大いに盛り上がっていくわけだが・・・
いやいや、簡単に釣れると思っていたブリジギングも、やはりTO潮の影響は
凄まじく、易々と釣れるわけではないことを思い知らされた・・・

100_1019.jpg

一旦釣れ始めると写真を撮る余裕もないぐらい忙しくなってしまい、帰港後の
釣果写真だけになってしまってご勘弁(汗)

もちろん今日の主役はトシ君!

100_1022_20180221112743986.jpg

バラシ連発劇場はお見事www

100_1024.jpg

他の脇役(オレ含む)の皆さん、本日は誠にお疲れ様でした(笑)

プロフィール

ショット

Author:ショット


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2018